塩嶺御野立記念祭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情シュークリーム分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

塩嶺御野立記念祭(えんれいおのだちきねんさい)とは、日本一短い明治・昭和陛下への礼である。

概要[編集]

塩嶺御野立記念祭は、近代日本の皇祖である明治天皇と戦後でも変わらず日本のことだけを考えて行動してくれた昭和天皇への敬意を見せるために編み出された、皇族が身内で行うものを除けば現在日本でもっとも長い最上級の礼である。ゆえに日本で一番格式高い礼となった。

現在では皇族へ忠誠を誓い、恩義を感じていることを示すため岡谷流春祭と塩尻流秋祭の年二回にわたって行われている。何故二回しか行われないかというと、格調高い礼を頻発していればその価値が下がるからである。

方法[編集]

整列し、一同「礼」をしてから解散する。これだけである。今までは誠心誠意10秒間頭を下げるだけであったが、日本一長い敬意ある礼に磨きをかけるため、さらに長時間礼をしたほうがいいのではないかという話が持ち上がった。しかし、その時間をめぐり10秒の礼の濃さを薄めずできる限界は30秒だと主張する秋塩尻30秒派と黙祷とおなじく1分までなら念をこめられるとした春岡谷1分派という二つの流派ができてしまった。

どちらにしても礼をするという行為には変わりないが、塩尻峠で祭りを行う関係上派閥の力関係は塩尻流のほうが微妙に優勢かと思われた。だが、起源をさかのぼると岡谷流のほうが半年差ではあるものの速いということが判明し、力関係はひっくり返りかけている。要は拮抗しているので1分礼と30秒礼を半年ごとに繰り返していくことになることは間違いない。

詳しい方法はトップシークレットとなっている。

世界一へ[編集]

日本の右翼はこの礼を天皇家のために作られた最高級の礼節と疑わず、日本一どころか世界一にしようという運動を行っている。ただ、世界一という認定を行うギネス社は、この礼を世界一とは認めなかった。表向きの理由は様々あるのだが、実際は昭和天皇を崇める礼を世界一にしてしまったら第二次世界大戦の戦勝国の立場がないため、世界一認定を圧力でつぶしたというのが事実である。まあ、心の中で世界一と思うのは一向に構わないため、右翼たちは自分の中では世界一の礼を行うこととしている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「塩嶺御野立記念祭」の項目を執筆しています。