塩沢とき

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

塩沢 とき(しおざわ とき、1928年4月1日 - 2007年5月17日)とは、日本人の少女に憑依して、その後60年近く女優、テロリストとして活動した、魔女の残留思念が宿った帽子である。

死と転生[編集]

塩沢ときの前半生については定かではないが、フランスの中流階級で生まれた女性であったと言われる。しかし、三角帽子を好んでかぶっていたことと、トカゲが好きという不気味な趣向から近寄りがたい印象を持っていた。そして15歳の時、これらの趣向が魔女を彷彿とさせるという理由で火刑に処され、短い生涯を閉じた。当時は魔女狩りの風潮が盛んで、少しでも奇妙、奇怪な女性はそれだけで魔女認定された。やや風変わりの趣味を持つ彼女は、魔女と疑われるに十分であった。

憑依[編集]

しかし、彼女は無念から残留思念となって、彼女のトレードマークでもあった三角帽子に憑依して、現世に留まった。やがて時は流れ、貿易船に紛れ込んだ帽子は流れ流れて日本へとたどり着いた。

そして第二次世界大戦末期、博物館に安置されていたこの帽子を、一人の日本人の少女がかぶった。そして彼女は、フランス生まれの魔女に憑依され、肉体を乗っ取られてしまった。かくしてここに、塩沢ときが誕生したのである。

奇抜なヘアースタイル[編集]

塩沢ときの本体は帽子である。そのため、帽子を外すと「塩沢ときが死んでしまう」ため、常に帽子と肉体は不可避でなければならない。だが、常に三角帽子をかぶってると、いらぬ疑いをかけられる。「あの人ヅラなんじゃないの」と疑われる程度ならまだいいのだが、無理矢理帽子を脱がそうとする輩が出てくるかもしれない。そこで塩沢ときは、自分がかぶってる帽子のようなものは地毛であり、デヴィ夫人に影響を受けて、このような奇抜な髪型にしているのだ、と吹聴した。帽子と髪を見間違えるなどということはいくら視力の悪い人間でもありえず、苦しい嘘…のはずだった。

ところが、人々はこれを信じ込んでしまった。なぜか、塩沢ときのかぶっている帽子は、見る人には完全に「奇抜な髪型」に見えた。かつて魔女として処刑されただけあって、何らかの妖術を使っていたのかもしれないが、詳細は不明である。

その後の人生と二つの顔[編集]

その後、塩沢は女優として活動、それなりの地位を得て、実力のある名優として活躍、人気を博した。しかし、彼女にはもう一つの顔があった。それはテロリストとしての顔である。

前述のように、塩沢は元フランス人である。しかも中世の人間である。毛唐というものは、おしなべて黄色人種や黒人など色がついた人間を嫌うものである。ましてや偏見が今より激しい中世に生まれた人間とあれば、その差別意識は著しいものがある。残念ながら、塩沢も日本人に強い差別意識を持っており、裏の顔として、日本における白人至上主義集団「死ね死ね団」に入団し、その構成員を務めていた。死ね死ね団では「イグアナ」というコードネームで呼ばれ、多くのテロを引き起こして日本人を殺害した。しかし、幸か不幸か、多くの日本人は、彼女の日本人排斥を狙うテロリストと言う裏の顔を知ることはなかった。

なお、塩沢はフランス人であるが、日本人の少女に憑依していたため、外見は全く日本人である。外見が日本人のため肌が黄色い塩沢が、黄色人種を排斥するレイシスト達の集団である死ね死ね団に受け入れられたのかは謎が多い。

2007年、憑依していた日本人の女性が病魔に倒れて生命活動を停止した為、この女性に寄生して宿主としている塩沢の本体である帽子も生命活動が維持できなくなり、事実上死亡した。

名前について[編集]

「塩沢とき」という名前は勿論偽名である。彼女はフランス生まれだし、憑依していた日本人女性にもその女性本来の名前があった。塩沢ときという名前には、彼女が自分がフランス人であることを示唆するメッセージが込められている。

「塩沢」とは、沢、つまり海以外の場所で塩が取れることを意味する。当然ながら日本では海以外で塩は取れない。つまり、苗字に塩が陸で取れる欧米人であるというメッセージが含まれている。さらに、「とき」は「遠き」の転訛であり、「遠き国」、つまり日本からみてほぼ地球の反対側のヨーロッパから人間であることを意味している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「塩沢とき」の項目を執筆しています。


Hito.png この項目「塩沢とき」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)