塵芥集

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「塵芥集」の項目を執筆しています。

塵芥集(じんかいしゅう)とは1536年に伊達稙宗によって制定された領国を統治するための法律即ち分国法らしい。

概要[編集]

しかしその内容一条一条は稙宗自身によって塵芥(=ゴミクズ)と名付らけている事からも分かる通り殆ど意味のないゴミクズレベルのものばかりであると稙宗自身が公言している。当時の伊達家は稙宗があっちこっちに養子を送り込んだせいでお家騒動に揺れていたため泥沼のカオス状態であった。息子伊達晴宗を初め周囲の者から反感を買った稙宗は慌ててこの法律を即席で制定したのだが所詮は焼け石に水であり殆ど機能していなかった。

塵芥集の名が示す通り稙宗は塵も積もれば山となるをこの分国法の旨としておりその条文は合計170に及ぶ。たとえ一つ一つはゴミクズレベルの役立たずな法律でも沢山積もれば法律としてちゃんと機能するだろう、と言うのが稙宗の狙いであったが、ゴミクズが積もってもゴミクズの山が出来るだけであり有効に機能するわけがなかった。またこの分国法を制定した稙宗自身が後に養子問題が表面化したことによるお家騒動晴宗との間に巻き起こして国を乱す元凶となりその結果隠居に追いやられてしまい、その頃にはこの分国法自体が殆ど忘れ去られていた。

また字体は殆どひらがなで書かれているがこれは伊達家が漢字も読めない野蛮人揃いであったためひらがなで書かざるを得なかったのである。さらにその内容にも御成敗式目の丸コピペが所々に見られるなど製作者である稙宗自身が真面目に作ってないというどうしようもない法律である。

関連項目[編集]