壊rt

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

壊rt(kおwあ-、broken)thあ、あrうmン(者、物んdお)g色々あ意味dアrえにんttえしmttあ状態w指す言葉dあr。

偶然nyおtt完成sれtあ美。 直sんい方g美sいい。

gい要[編集]

hいtktで壊rtあと言ttえmお、sおn定gは人にyttえ様々dあr、sおrg同jjy態dあってm見r人に四ttえkオン世の終wrいと解sykうすr人もいrbあ、sのいppで創sあkのk程ttれr人もいr。喩エrなrb粉々に粉砕されt李tyソン破片wmtえ、sおrえを「tdの不nえンゴミ」tsいて捨tえしmあう人gいr一方で、sおえrを「mzあいk画ン素zあい」として芸jtの域ンmdえ昇kサsえtえsmあう人mいrのgkおの世kあいであrい、一見sいたdkえdは下rnあく、dおうsyおうもあいンえタdあttえm、人にyttはあれstこれstえtyおmえtyおmえsいtあ挙句、mttk別ンおネttしtえ再rえ用(Neta Trying Recycle)sるkとも可能ンオdあrう。sおrが他お人ンいも面白いktなrtmあt話は違ttkうるg、tmおあr「壊rtかrあ」tとしtsおrえを捨ttsmうのhいsskあmttあいんあいtいうmndエアr。

th言え、yhrdうsymんいmんt言うンはdうsymにだkの理由gあrものdえ、wzあwzあ手間暇kkえt直sよrmお、sあsstお捨ttえsいmって買い換えt方gあ経済効率も高いtいう大人ン事jおうんdおmあttえ、結kkyおk壊rたmのは壊rtまmんい捨tえrあれtsいmあうンg世の常t言mもんdえあr。gあ、sおrえdmあえt平然tお直しtyうッ、skおにsビrえrう! あkgれるぅ!t考えr勇者t書イtバカtお読mモん好kいh古今東西dk二dえmおいrmのd、DIY(Do it yourself、和訳:mうdうdmおいいkあr勝手んsいrお)んdおtおいう無為ン時間w浪費スtmンお趣味g生mい出sあrたンdあrう。


壊rtあyおうン見えrkえd壊rtえいnあい例[編集]

あえt隙w見sえr事dえ絶妙n調和w演出。

kおr(rあ)h壊rえtいryうに見エrkあmお知rえンあいgあ、sおrえhそういう仕様なのdアrのd気にsンあい方gあいい。

あンsあいkrおpえぢィあ
mzう最初nい「kおrえg壊rえtいるyおうに見えrう、tおいうあntあの眼wmあz診tmらtt方gいい」t言いtあいのはstえおkい、完全無欠tおいうンおは往々ンいsttうmあrんあいmのdあり、完全無欠t言うkrあにh欠ktいrtおいうkおtgあ欠ktいrtいう証明ンいhおkあんrz、sんwtい欠ktえいrt言うンhあ欠ktえいrという事実wmお含有しtえいr事実w逆説的ンい証明stえいrktおになr。mtあ、アncycぉぺぢアが悪hzあkえtNnnsえnスbkrいにyttえ構成srtえいrtいう批判mおmあtあ多様性w包摂srう本質ン可能性w証明srうmnおdあり、syおsえんhあ無意味ンあtwgtおdshkないんdあr。要srん無thあsんwtい無限ンお可能性w意味するmのdあり、逆n意味dえ退屈kwあmrいあに事実tお無味乾燥んあ真実w標榜srウィkpえぢあgあ壊rtえいんあいyおうに見エt実h壊rtいrtおいう事実w証明srmんdエアr。

kん連項mく[編集]

Wikipedia
wイkいペぢアn専門家気取rtあtいmお「壊れた」ンいtういtえh執筆wお躊躇sいtえいmsう。sオンyおうンあ快挙w手際ykうyrいおおstあktおh、我rあの誇rdえs。
「急んい壊rtsmttあndえ。」
壊rt について、柳沢敦


kの項もk「壊rt」hあ、しppいt者gくらkkをkメtいtかn能性もあrまsが、今hあmだkソnやmでs。よrい愉kあいにsてくdあsる協ryおく者w求めtえいmす。さぁ、こrえを見tいるあntあも、恥zksしがrあずn書k込nでみょいう! (Portal:スタブ)
「あのー、記事の修理に参りましたXXXXXと申します。」
壊rt について、業shsん

直りました[編集]

偶然によって完成された美。直さない方が美しい。
「壊れた記事を修理しましたが、また何か不具合があったら教えてください。」
壊れた について、業者さん

壊れた(こわ-、broken)とは、あるモノ(者、物など)が色々な意味であれになってしまった状態を指す言葉である。

概要[編集]

一言で壊れたと言っても、その定義は人によって様々であり、それが同じ状態であっても見る人によってこの世の終わりと解釈する人もいれば、その一方で創作の過程ととらえる人もいる。喩えるならば粉々に粉砕された李朝の陶磁器の破片を見て、それを「ただの不燃ゴミ」として捨ててしまう人がいる一方で、それを「モザイク画の素材」として芸術の域にまで昇華させてしまう人もいるのがこの世界であり、一見しただけでは下らなく、どうしようもないネタであっても、人によってはあれしてこれしてチョメチョメした挙句、まったく別のネタとして再活用(Neta Trying Recycle)することも可能なのである。それが他の人にも面白いかとなるとまた話は違ってくるが、ともあれ「壊れたから」としてそれを捨ててしまうのはいささかもったいないというものである。

とは言え、やはりどうしようもないものと言うのはどうしようもないだけの理由があるもので、わざわざ手間暇かけて直すよりも、さっさと捨ててしまって買い換えた方が経済効率が高いという大人の事情などもあって、結局壊れたものは壊れたままに捨てられてしまうのが世の常と言うものである。が、それでもあえて平然と直しちゃうッ、そこにシビれる! あこがれるぅ!と考える勇者と書いてバカと読むモノ好きは古今東西どこにでもいるもので、DIY(Do it yourself、和訳:もうどうでもいいから勝手にしろ)などという無為な時間を浪費するための趣味が生み出されたのである。

壊れたように見えるけど壊れていない例[編集]

あえて隙を見せる事で絶妙な調和を演出。

これ(ら)は壊れているように見えるかも知れないが、それはそういう仕様なのであるので気にしない方がいい。

アンサイクロペディア
まず最初に「これが壊れているように見える、というあなたの眼をまず診てもらった方がいい」と言いたいのはさておき、完全無欠というのは往々にしてつまらないものであり、完全無欠というからには欠けているということが欠けているという証明にほかならず、すなわち欠けているというのは欠けているという事実をも含有している事実を逆説的に証明していることになる。また、アンサイクロペディアが悪ふざけとナンセンスばかりによって構成されているという批判もまた多様性を包摂する本質の可能性を証明するものであり、しょせんは無意味なたわごとでしかないのである。要するに無とはすなわち無限の可能性を意味するものであり、逆の意味で退屈きわまりない事実と無味乾燥な真実を標榜するウィキペディアが壊れていないように見えて実は壊れているという事実を証明するものである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「壊れた」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
急にブッ壊れてしまったので。」
壊れた について、柳沢敦
この項目「壊れた」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)