夢窓疎石

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夢窓疎石」の項目を執筆しています。

夢窓疎石(むそうそせき)は鎌倉時代末期~室町時代初期に活躍した人形(ドール)である。なお、彼女をローゼンメイデンの一体であるかのごとく数える説もあるが、実際には欧州留学中にローゼンの修復を受けたにすぎず、彼女は人形師久月に作られた純和製の人形(ドール)、久月メイデンである。 能力としては人工精霊義堂周信を従えており、また夢の扉を開くことにより、人の深層心理的世界に入り込むこともできる。武器は主に数珠であり、これを使ったオールレンジ攻撃を得意とする。

足利尊氏くんの夢の扉を開き躁鬱病を治そうとする疎石たん

誕生、そして南宋へ[編集]

鎌倉時代末期、京都の朝廷お抱え人形師久月によって生きた人形として作られた。陰陽道の粋を凝らして創られた「老座御簾手華(ろうざみすてか)」なる神秘の石を体内に埋め込まれており、生命が宿ったのはそのためである。 その性格としては非常に心優しく、学問好きであったが、表面的にはツンデレであった。 誕生後一年にして南宋への渡海・留学を決意する。それは大陸の技術を自分が見聞きし、それを父・久月のためにふるおうとする優しさから発したものであったが、彼女は「か、勘違いしないでよね!私は中国を観光して回りたいだけなんだから!!」と、ツンデレ発言で本音とは裏腹に父を突き放した。彼女は大陸への船の中で「パパ、パパ・・・」と泣き明かしたという。

後醍醐天皇を萌えさせる[編集]

彼女は持ち前の知識欲を活かし、大陸で仏教・道教などの宗教学、また科学知識、はては官僚制を始めとする政治学など多くの学問を修めた。そして三年後日本へ帰国する。当時、日本は後醍醐天皇が配流された隠岐から帰還し、各地の武士や豪族に決起を呼びかけ鎌倉幕府を倒し、建武の親政という天皇親政を実行に移した段階であった。 後醍醐天皇は、疎石たんが政治学など、大陸から多くの知識を見聞してきたということを聞きつけ、その知識を得ようと彼女の好物をエサに御所に呼び寄せた。だが、彼女から最新の知識を獲得しようとする後醍醐の当初の目的はすぐに見失われることとなった。なぜなら彼女の愛らしい外見に萌えてしまったのである。インテリ幼女ハァハァ・・・。後醍醐の狂態を目の当たりにし、貴族らの間に徐々に不信感が芽生えていった。

足利尊氏を萌えさせる[編集]

ある日後醍醐天皇は、お気に入りの躁鬱病患者で、鎌倉幕府倒幕に活躍した足利尊氏に疎石たんを見せびらかし、特別に彼女に尊氏の夢の扉を開かせ躁鬱病を治療してやろうかと提案した。尊氏が二つ返事だったのは言うまでもない。しかし、トチ狂った尊氏は夢の中でなんと彼女とアーン♥♥しようとしたのである。 疎石たんはあわてて尊氏の夢から逃げ出し、自身のツンデレキャラという属性らしからぬことに後醍醐天皇に泣きついた。その少女らしいか弱さに、後醍醐、尊氏両者とも改めて疎石たんに萌えることとなった。そして疎石たんをめぐり、両者の仲には徐々に亀裂が生じ始めるのである。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]