大きな栗の木の下で

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大きな栗の木の下で」の項目を執筆しています。

大きな栗の木の下で(おおきなくりのきのしたで)とは、人類に自然の脅威を啓発すべく、によってどのような災害が引き起こされるのかを検討した、仮定事象の一つである。子供達にも分かりやすく教えるために同名の童歌が作詞されたが、その内容があまりにも過酷だったため、現在ではその歌詞は優しいものとなっている。[要出典]

概要[編集]

北海道から九州にかけてまで日本に広く分布する栗の木であるが、近年その危険性が明らかになってきた。その危険性というものはさまざまのものがあり(後述)、それを危惧した日本議会は「栗の木による災害発生被害予測とその予防対策及びそれによる費用見積もり」という報告書を提出し、予算の一部をこれに当てるよう議論した。しかし、その費用が莫大であるために、実行へ移すのを躊躇しているのが現状である。

自然災害[編集]

一体大きな栗の木の下でどのような被害にさいなまれるか、一例を挙げる。 なお、ここでいう「大きな栗の木」は、栗の実が大きいという意味ではなく幹が大きいというもので解釈をし、ブナ科落葉高木で高さ30mであるものとする。

いが
これが最も大きな被害である。軍手をしていてもウニみたいな細いとげは縫い目の隙間に入り込み、手のひらを怪我させる。運が悪ければそのとげが血管に入り込み血流に乗って、心臓に突き刺さって心停止してしまうこともある。
栗の実を採取して料理に使おうとした矢先、虫に食われていたという事例も少なからずある。それに気付かず虫ごと栗を食べてしまい、虫の中にいた病原菌によって死んでしまう虞もある。
落葉
栗の木は落葉高木なので落ち葉が生じる。それを集めて無邪気に葉っぱを掛け合う子供達を想像するが、葉っぱのベッドに埋もれてしまい、最悪の場合窒息死する。
また、老人がそれでたき火をして、誤って火事を起こし、死者を出すという可能性も考えられる。
日照
栗の木の下は葉が日光を遮り、植物が育たなくなる。また高さ30mとなると二階建ての一軒家を平気で超す。日光が栗の木によって遮られ、年中暗い家の中は通気性も悪くなってしまい、カビが生えたりして、それが原因で死んでしまうといったことが起こりうる。
が留まるには絶好の場になり、多くの鳥が集まってフン害をもたらしたり、鳥インフルエンザを運んできたりして、多くの死者を出すことと予想される。
繁殖
栗の木がますます繁殖すると、上記の被害が更にヒートアップしてしまう。死者が増加するのは日の目を見るよりも明らかである。

なお、NHK教育テレビで放映されていたハッチポッチステーションにて、大きな栗の木下における弊害(この場合は毛虫)を歌ったものがある(参考動画)。

対策[編集]

前章で述べた通り、大きな栗の木だけを見ても多くの尊い命が失われてしまう。それを根絶させようと、世界一広い森林と言われているアマゾンのジャングル一帯の木々を毎秒でテニスコート25面分を伐採している。しかし日本では、財政面が原因で木の伐採がはかどらず、その上林業を営む人の数が減っていき、これを看過できない状況となっている。

童謡[編集]

警告!
この項目には、JASRAC登録曲の歌詞が無断で使用されています。直ちに指定の口座に使用料を振り込んでください。払っていただけない場合は法的手段に訴えます。

おおきなくりのきのしたで
あなたとわたし
なかよくあそびましょう
おおきなくりのきのしたで

おおきなくりのきのしたで
おはなししましょう
みんなでわになって
おおきなくりのきのしたで

おおきなくりのきのしたで
おおきなゆめを
おおきくそだてましょう
おおきなくりのきのしたで

童謡の歌詞は上記の通りであるが、もし栗の木の下で遊んでいたりしたらイガによって怪我したり、鳥のフンが直撃することになりかねず、ろくに話も出来ないし夢もヘッタクレもない。しかし今日知れ渡っているこの歌詞はまだマシで、書き改められる前のものは、もっと苛烈で苛酷なものであった。その訂正される前の歌詞をここに引用する。

当局の検閲により削除されました

関連項目[編集]


この項目「大きな栗の木の下で」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)