大和田秀樹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

大和田 秀樹(おおわだ ひでき、1969年9月19日 - )は、日本の御用作家。なお、個性がウリと評される東北大学工学部卒業と言うインテリである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大和田秀樹」の項目を執筆しています。

概要[編集]

おもに角川書店の雑誌で執筆しており、日本の政府や企業の裏側を赤裸々に描くフリをすることから、評価が高い。特に代表作ともいえるムダヅモ無き改革では国家機密もいえる外交の裏側を描いたため、国内外の機関から命を狙われているといわれる。その評判は世界的に知られており、現在ノーベル賞にもっとも近い日本人の一人である。親戚に趣味がYahoo検索、特技がSuicaへの5000円チャージの野球選手がいる。

職場[編集]

上記のように企業秘密や国家機密を暴露しまくっているために、よく命を狙われているが、絶え間ない嫌がらせにも悩んでいる。特に仕事場には某企業からの嫌がらせが相次ぎ、大和田は対応策として職場の周りにブービートラップを仕掛けている。トラップの多くは亡国某国からの密輸品であると噂されている。またトラップが突破されたときのために職場内には釘バットチェーンソーヒートロッドガンダムハンマーなどが常備されている。ただ、いまのところトラップが突破されたことは無く、仕事場内の武器は主に仕事の遅いアシスタントに使用されている。特にヒートロッド。

経歴[編集]

  • 1998年 デビュー作であるたのしい甲子園を執筆。
  • 2001年 警察博物館で謎のパンフレットを入手[1]。これを元に警死庁24時を執筆する。
  • 2004年 ピューリッツァー賞受賞
  • 2006年 ムダヅモ無き改革発表。ネット上で反響を呼ぶ。
  • 2006年 大魔法峠が映像化される。
  • 2008年 ムダヅモ無き改革の単行本が発売。その衝撃的な内容から品切れが続出する。あまりにも入手が困難なため政府が買い占めたのではないかともいわれている。

主な著作[編集]

あまりにも荒唐無稽な内容からフィクションではないかと疑われることも多いが、すべて実話である。

たのしい甲子園
不良高瓦崎工業高校が甲子園を制覇するまでの過程を描いた作者のデビュー作。また、高校生にして外務大臣に就任した太田氏の青春も描かれており伝記としての評価も高い。
警死庁24時
警察の中に存在する超法規的組織「警死庁」の真実の姿を追った作品。作者は何らかの勢力による妨害を覚悟していた。
大魔法峠
かつて日本の学校に留学していた聖魔法王国の王女の伝記。聖魔法王国の暗部と言える部分も描かれており、ムダヅモ無き改革と並ぶ代表作となっている。一時期、圧力により連載が中断した。
野獣社員ツキシマ
ジャパニーズビジネスマン月島亮氏の生き様を描いた意欲作。この作品の影響により子供たちの将来なりたい職業のトップにビジネスマンが選ばれたといわれている。
ムダヅモ無き改革
日本を取り巻く外交の裏を赤裸々に描いた作品。その衝撃的な内容から社会現象を巻き起こした。
ドスペラード
ヤクザの抗争を描いた社会派作品。赤い核実験場と呼ばれる雑誌に掲載され、反響を呼んだ。
ぶっちぎりCA
「伝説のCA」と呼ばれた花園ひなこを主人公に、現在の航空業界やそこで勤務する客室乗務員が抱える問題を描いた作品。
トラ☆トラ☆トラック
医療問題に挑んだ短編。
ダンセイリキガク
とある大学の工学部の研究室を舞台とした作品。自伝的作品であり、主人公・斉藤綾人のモデルは作者の大和田秀樹自身だと言われている。
立-Ritz-
ヤングガンガン咲-Saki-を連載中の小林立の実像に迫った作品。咲-Saki-を連載にあたって縄張りを侵されたと因縁をつけた近代麻雀編集部と小林の交渉の模様が収録されており、武闘派ヤクザである近代麻雀編集部とも関係の深い大和田ならでは作品となっている。
うんP先生
小学校の平凡な教諭とモンスターペアレントの確執を描いた作品。日本の教育問題に切り込んでいる。
疾風の勇人
親父っさんこと吉田茂の下に集まったインテリやくざ池田勇人が、古臭い政治ヤクザのオジキたちとの暗闘や、占領軍や宿敵鳩山一郎一派といった外敵との闘いを経て、てっぺんを目指す。しかし、舎弟佐藤栄作の実兄にしてラスボス岸信介が登場し、これをどう倒していくのかと思われたところで、不穏な空気を残して打ち切り同然で終了。

作風[編集]

上記を見ればわかるとおり、国家機密ともいえるテーマを中心に躊躇なく執筆する社会派の作家であり、そのために命を狙われることをいとわない。また、主人公に超人的なエピソードを持つ人物を選ぶことが多く、時にやりすぎとも言うべき迫力ある描写で見る者を圧倒する。

研究者としての活動[編集]

社会的な作風が目立つ大和田であるが、同時に様々な分野における研究家としても知られている。以下にはその一例をあげる。

ガンダム[編集]

これは元々自身の公式サイトで細々と公開していたものであったが、当時執筆していた角川書店の目にとまり、ガンダム情報の専門誌として制作された「ガンダムエース」に掲載されるようになった。この研究内容をまとめたものは現在機動戦士ガンダムさんとして、単行本が発売されている。

魔法[編集]

さらに、大魔法峠で聖魔法王国の実態を描くなど魔法についての造詣が深い。特に著作の中でかつて都市伝説とされていた30歳童貞=魔法使い説を実証したことは有名であり、社会的反響を呼んだ。

外部リンク[編集]


金剛番長.jpg この『大和田秀樹』は、漫画に関する項目にしちゃまだ情報が全然足りねぇ
これじゃスジが通らねぇな。
てめぇらの力と根性で、もっと充実した記事に仕上げるんだ。
何!?そこまでの文才が足りねぇだと!!?そんなこと
知ったことかーーー!!! (Portal:スタブ)