大手町駅 (東京都)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この記事は東京都の大手町駅を説明しています。愛媛県の方はこっちを見て下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大手町駅 (東京都)」の項目を執筆しています。

大手町駅とは、東京メトロ一大きい駅と言われている健康施設である。

概要[編集]

大手町駅内部地図。でもこれは簡略図。実際はもっと複雑。

首都圏の市民の運動不足の解消のため、あえて東京駅から離れたところに設置された。地下鉄の東京駅とよく言われるが、実際は東京駅が地上の大手町駅であると東京メトロは主張している。

駅としても大きい部類に入るのだがただ、永田町駅+赤坂見附駅には負ける。、しかし、地下なので誰も気にしない

利用可能な路線[編集]

  • 東京メトロ
    • 丸ノ内線 - 1・2番線を使用。
    • 東西線 - √3・√4番線を使用。非常に遠く、乗り換えには危険が伴うため、改札口で入山届を提出する必要がある。
    • 千代田線 - 5・6番線を使用。
    • 半蔵門線 - 7・8番線を使用。
  • 都営地下鉄
    • 三田線 0番線を使用。「都営のくせに大手町に来るとは生意気だ!」として営団過激派に妨害攻撃を受け、一面一線での開業を余儀なくされた。

乗り換えの不便さ[編集]

「大手町駅はまるで迷路だ。どっちに行けば乗り換えられるんだ?」
大手町駅 (東京都) について、乗り換え客

丸ノ内線・半蔵門線と東西線の乗り換えは厄介で、千代田線ホームを経由しなければならない。さらに三田線の乗り換えも厄介である。このような設計もみな健康増進のためである。丸ノ内線・半蔵門線から東西線に乗り換えるときは改札外を通っていい、と案内されているが、オレンジ改札を通っても30分で乗り換えなければいけない。これも健康のためである。頑張れ。

大手町駅の丸の内線ホームと東京駅の丸の内線ホームは地下で繋がっている。そのため東京駅で下車し、壮絶な大手町ダッシュで電車を追いかけ大手町駅で再び乗車するというチャレンジャーは後を絶たない。大手町大迷宮で遭難し、帰宅困難者となるのがオチである。しかも最近は工事のせいで通路が毎日コロコロ変わるため、使い慣れている人でも遭難する可能性が高くなったことを受け、国防省がわざわざご丁寧に、注意もしくは勧告を行っている。

関連項目[編集]

地下鉄の迷宮仲間[編集]

東京メトロ[編集]

大阪市交通局[編集]

その他[編集]


Gomen.jpg この「大手町駅 (東京都)」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)