大日本除蟲菊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、兵器について記述しているばい! 鳥類につ・い・て・は「金鳥」をCHECK IT OUT!! はい!!!
「お前らなんか大っ嫌いだ!!」
大日本除蟲菊 について、ゴキブリ

大日本除蟲菊株式会社(だいにっぽんじょちゅうきくかぶしきかいしゃ)とは、ドイツ軍任天堂ソニーと並ぶ軍事兵器を開発・販売している会社。

概要[編集]

主に家庭向けの毒ガスビームを発生する化学兵器を開発している。ロングセラー商品は対用の渦巻き型の毒ガス発生装置「金鳥の渦巻」。アンサイクロペディアでも忌み嫌われている、対ハエ用化学兵器「キンチョール」と対ゴキブリ用化学兵器「コックローチS」は現在でも売れている。

よく勘違いされるが、「金鳥」ないし「きんちょう」ないし「キンチョー」は社名では無く商品名から派生した通称である。1885年の創業当時は「大日本帝國除蟲菊株式會社」と呼ばれ、戦後の日本の軍事兵器業界に多大な影響を与えた会社として有名。1935年にこれまでの「大日本帝國除蟲菊株式會社」から現在の社名に変更した。

Wii U3DSPS VITA等の兵器と違い、小難しい操作を一切しないワンプッシュ・ワンタッチタイプの操作が簡単な兵器を製造。有名なキャッチコピー「金鳥の夏・日本の夏」で販売している。また兵器開発の為に、ゴキブリを捕獲し実験している。この為ゴキブリ達と現在でも対立しており、いつ抗争が起きてもおかしくない状況である。

沿革[編集]

  • 1885年:上山英一郎(うえやま えいいちろう)が「大日本帝國除蟲菊株式會社」を設立。
  • 1886年:兵器に使われる毒性の強い菊「除虫菊」の苗を輸入し、栽培を始める。
  • 1890年:第1作の家庭用設置型毒ガス発生装置「金鳥香(きんちょうこう)」を発売。
  • 1902年:「金鳥香」を元に改良を施した渦巻き型設置タイプの毒ガス兵器「金鳥の渦巻」を発売。ロングセラーとなる。
  • 1934年:ハエ界を恐怖に落としいれた伝説のビーム兵器キンチョール」を開発に成功し発売。これにて多くのハエ・蚊が命を落とす事になり、ハエ・蚊と対立する。
  • 1935年:社名を現在の「大日本除蟲菊株式会社」に変更。同時にゴキブリ界を地獄に落としいれた驚異のレーザー兵器「コックローチS」も発売。
  • 1970年:接近戦用武器である化学ぞうきん「サッサ」を発売。
  • 1971年:電熱式のマインド兵器「金鳥マット」を発売。
  • 1983年:時限式のマインド兵器「ゴン」を発売。
  • 1991年:液体式の抹殺兵器「キンチョウリキッド」を発売。
  • 1995年:買収した企業の商品の「サンポール」が大ヒット。
  • 2001年:時限式の対ゴキブリ用兵器「コンバット」を発売。

開発兵器[編集]

金鳥の渦巻[編集]

キンチョール」「コックローチS」と共に現在も売れているロングセラー商品。キャッチコピーは「金鳥の夏・日本の夏」。初期の兵器「金鳥香(きんちょうこう)」はすぐに効果が切れる上、形状が真っ直ぐで倒れ易いため火災の原因にもなった。この影響を受け、効果が長続きする渦巻き型にして安定した燃焼をするように改良を施した。

原材料に除虫菊をふんだんに使用。燃焼によりピレスロイドの煙が発生し、蚊が煙を吸うと体内からじわじわと攻撃して死に至る遅効タイプ。

キンチョール[編集]

多くのハエ・蚊の命を落とした伝説の化学兵器。強力な殺人ビームをハエ・蚊に当て、一瞬で蒸発させる。余りの強力なため、当然人体にも有害である。人体に当てるとハエ・蚊同様に一瞬で蒸発させてしまい、辺りが地獄絵図になるために取り扱いには十分注意が必要となる。さらにゴキブリ向きの化学兵器として「コックローチS」も存在する。

コンバット[編集]

設置型の対ゴキブリ用兵器。ゴキブリを誘導し有害成分を吸収・体内を留めて仲間のところに戻って来たときに絶命させる北斗神拳式。また死骸に残った有害成分が体内で腐敗と共に化学変化でより強力になり、死骸の肉を膨張させ、バキューン!!と破裂した時に血飛沫と共に同時に毒ガスを飛散させる仕組み。キャッチコピー通り「一度で二度効くコンバット」と、非常に恐ろしい兵器である。

金鳥マット[編集]

屋内で使用する時限式の光化学兵器で時間設定で拡散レーザーを放射する。このレーザーに粛清されましたした蚊は、一瞬のうちに死亡してしまう。香料には天然由来の毒薬を使用。

サッサ[編集]

接近戦用の武器で、布にも関わらず化学処理を施し一拭きで大量の肉をこそぎ落とす強力な武器になっている。

ゴン[編集]

金鳥マットと同様、屋内で使用する時限式の光化学兵器で時間設定で拡散レーザーを放射する。別名「タンスにゴン」。北米ではパチモン商品として「クローゼットにジョン(John in the closet.)」が流通している。 CMでは室井佑月がトイレにいる義母を殺害しようと試みる映像が放送している。 クマムシよりも強く、一部では冷凍庫の脱臭剤として使われることもある。

サンポール[編集]

一見、なんも変哲ないトイレ洗剤だが塩素系洗剤と混ぜると非常に強力な化学兵器と化す。最近の改修で面制圧能力を飛躍的に向上させた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大日本除蟲菊」の項目を執筆しています。
軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この大日本除蟲菊は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)