大津駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大津駅」の項目を執筆しています。

大津駅(おおつえき)とは、京都市大津区にあるの駅の一つ。JR西日本の駅、と思ったら僅差で湖西線の大津京駅の方が西にあったりする。ちなみに、本当に滋賀県で一番西にある駅は京阪京津線の追分駅である。

利用客が少ない[編集]

以下のランキングを見れば分かるように、利用客はあまり多くない。滋賀県で一番利用客が多いのは、近江・京都・若狭から三重県鈴鹿伊勢志摩など)への乗換え口である草津駅草津市)であり、乗車人員だけで1万人以上も差をつけられている。同じく、京都府でも最も利用客が多いのは、京都駅である。

それどころか、同じ大津区にある石山駅よりも、つい最近まで新快速が停車しなかった草津市にある南草津駅よりも明らかに利用客が少ない。しかも2013年の集計では、何とまぁびっくり!同じ大津区にある、将来的に新快速が全停車することはまず有り得ない瀬田駅にすら、新快速こそ停車するが大阪人京都人から見ると滋賀の小さな町にある駅という認識でしかない近江八幡駅にすら抜かされてしまった。実際は大津駅自体も、利用者数が常に右肩下がりではないのに、どうしてこうなったそれでも、わざわざ新快速を停めさせてもらえることは、JR西日本に大いに感謝すべきであろう。

【参考】滋賀県のJR駅の乗車人員ランキング(2013年)
順位 乗車人員(人/日) 前年比 所在地
1位 草津駅 28,315 +628 草津市
2位 南草津駅 27,168 +1,339 草津市
3位 石山駅 25,004 +282 京都市大津区
4位 瀬田駅 17,757 +517 京都市大津区
5位 近江八幡駅 17,705 +385 近江八幡市
6位 大津駅 17,653 +224 京都市大津区

京都の2駅手前[編集]

京都駅から東へ向かうと、1つ目が山科駅で、2つ目が大津駅である。大津駅から京都駅までは10kmという近さで、普通列車でも10分で行ける。もはや京都の郊外である。

又、大津駅には、接続路線がない。特に、湖西線から東海道線に乗り換える際には、京都の1駅手前である山科駅で乗換えしなきゃならない。もはや大津は京都市の一部である。

大津区にはJR以外に京阪京津線が通っているが、大津駅では接続しない。接続駅は山科駅である。さらに、京阪石山坂本線は全線大津市内にあるが、石山駅、膳所駅、大津京駅では接続するくせに、大津駅では接続しない。これらの点から、利用客が少ないのは仕方がないだろう。それでも、わざわざ新快速を止めてもらっていることはJR西日本に感謝すべきだろう。

停車する特急列車[編集]

実は草津には止まらず、ここには停車する列車が存在する。それは、急行「きたぐに」である。それどころか、山科・石山・南草津にも止まらないので、琵琶湖線内でこの列車が停車する駅の中で最も客が多いのは京都を除けばここである。これは非常にありがたい。一日に上下一本ずつしか運行されない新潟発着の夜行列車で、これもJR西日本が運営しているので、もう一つ感謝すべきだろう…と言いたいところだったが、残念ながら2012年3月のダイヤ改正で定期列車ではなくなり、しかも湖西線経由にルートが変更されたため、今ではもうこの列車がここに来ることはない。なので、JR西日本に「きたぐに」の定期運行を復活させて、琵琶湖線経由に戻してくれ!とクレームを言うべきだろう…と言いたいところだったが、2013年1月31日に正式に廃止となってしまった。

しかも、草津には止まり、ここには止まらない「ワイドビューひだ」という列車も存在する。それはまことに残念。こちらはJR東海が運営しているが。JR東海に大津に「ワイドビューひだ」を停車させてくれ!とクレームを言うべきだろう。

残念ながら今では、ここに停車する特急列車といえば、「びわこエクスプレス」と「はるか」しかない。しかも、両者とも草津や彦根や米原にはもちろん、石山にも守山にも野洲にも近江八幡にも停車する。(ただし、今のところ南草津には停車しない。)カワイソス(´・ω・`)

関連項目[編集]