大滝秀治

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大滝秀治」の項目を執筆しています。

大滝 秀治(おおたき ひでじ、1925年6月6日 - 2012年10月2日)は、東京都文京区出身の日本の俳優。「ひでじい」とはあまり呼ばない。

表の顔と裏の顔[編集]

表の顔は、劇団民藝所属で日本を代表する個性派俳優であり、好々爺そのものに見えるが、実はありとあらゆるの組織につながっている、日本の悪の組織の頂点であり大首領である。何よりもその誕生日6月6日が、「オーメン」のダミアンの誕生日と同じであるところが既にヤバい。大滝を隠し撮りしたノンフィクション映画「CASSHERN」では、自分の生命を若返らせるために、神に許されない実験を強行する、独裁者振りで知られている。ちなみに若い頃から老け役をやっていたと言われるが、デビューした1950年代頃からあのような老け顔であり、以来半世紀に亘って、あのような顔のままである。つまり僕が生まれた頃からジジイだが、今もまだジジイであるということだ。老け顔とは言え、皺は少なく、ピンク色の肌でツヤツヤしているところをみると、何らかの形で若さのエネルギーを補給していることは、まず間違いない。自己を増殖して永遠に生きるルパン三世の「マモー」のような存在と考えられている。

悪役の帝王[編集]

ちなみに映画「犬神家の一族(1976年)」、「悪魔の手毬歌(1977年)」、 「八甲田山(1977年)」、「坊っちゃん(1977年)」 、「獄門島(1977年)」、「人間の証明(1977年)」、「八つ墓村(1977年)」、「惑星大戦争(1977年)」 、「女王蜂(1978年)」・・・・etc・・・これらすべて悪の首領は大滝である。映画を見てるとストーリーの結末部では気付きにくいが、どこをどう見ても悪の大首領は大滝である。悪の首領の癖になぜ悪の首領を演じるのかは、定かでないが、おそらく悪役の方が日常生活のうえで、「悪役だと思っていたら本当はイイ人」と思われて、さまざまな悪事を重ねるためのカムフラージュになるからだと考えられる。

全人類大滝秀治化計画[編集]

浅井企画に所属しているタレント関根勤は、必要以上に大滝秀治の物真似をすることで知られているが、実はあれは単なる芸や余興ではない。関根が無理やりに大滝の真似をしているのではなく、あれは大滝が仕組んだ壮大なプロジェクトの一環なのである。題して「全人類大滝秀治化計画」。あのピンク色の肌の好々爺をクローンか何かで増殖させ、ゆくゆくは大滝秀治で地上で覆ってしまおうとする怖ろしい計画である。違和感なく侵略を達成するために、初めは関根のギャグで、中盤は日常の風景に溶け込みながら、そして最終的には恐怖で全地球を埋め尽くそうとしているのである。ちなみに関根の娘の麻里も「大滝秀治化」しており、楽屋で見る彼女の顔は、大滝秀治と見分けがつかないとも言われている。

お前の話はつまらん[編集]

しかし多くの日本人が見る大滝は、ガンコだけど涙もろいという典型的な爺さんにしか見えないだろう。しかし大滝の鋭いまなざしを見てほしい。金鳥の CMでお馴染みになった「つまらん、お前の話はつまらん!」の演技ほど怖ろしいものはない。あれは大滝秀治のメッセージであり、「(全人類大滝秀治化計画がうまく言ってないだと!)つまらん、お前の話はつまらん!」という憤りが暗示されているのである。優しそうな爺さんだと思うのは危険であり、共演者の岸部一徳には緘口令が敷かれているという。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「大滝秀治」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)