大福

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大福」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「大福」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「大福」の記事を執筆しています。

大福(だいふく)とは、女性に準えて作られた和菓子である。

概要[編集]

誤った塩大福の作り方。

大福(或いは大福餅)はきめ細かく撞いた白い餅で小豆あんを包んだもので、女性が白い柔肌の下にドス黒い本性を隠している様を模したものである。また白粉をイメージした粉をまぶす事もある。

あんの他にイチゴカスタードクリームなどを入れることもあるが、これも女性の内面をイメージするものだとされている[1][誰に?]。見た目が白いからといって中まで白いとは限らない、ということである。ちなみに魚の世界にも、「スラッとして美形だが腹の中はド真っ黒」なサヨリという魚がいる。自然も文化も、女性の本性に関しては同じ結論を出したというのは誠に興味深い結果であろう。

元を正せば、餅で塩あんをくるんだ「鶉餅」が起源とされている。その後妊婦を象った「腹太餅」が作られるようになったが、腹太と言う名前があまり良くない印象になるため江戸時代には「大きな福(子宝)を象った菓子」として「大福」と呼ばれるようになった。その後大福は縁起物とされるようになり、またその形状がおっぱいに近いことからも広く愛好される国民的菓子となっていった。

様々な大福[編集]

豆大福
餅にササゲや大豆を混ぜ混んだ大福。
豆と言うことで陰豆をイメージすることもあるが、餅の下に豆が透けることで乳首が勃起して服に浮き出ている様をイメージしたものが多い。
塩大福
潮吹きから想定し塩味を強調したもの。
愛液ほどの濃度でも無いため、酸味はあまり含ませない。ただしマニアックな所だと、汗の味を再現するために酸味を含ませる[2]
イチゴ大福
塩大福とは異なり、愛液をイメージして酸味を強調するためイチゴを入れたもの。
出始めた頃はミスマッチミスマッチと言われたが、恋の甘酸っぱさにも似ていると言う事で人気を上げている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ カスタードクリームを入れるものは近代に入ってから生まれたもので、欧米のクリームパイと同じく膣内射精をイメージして生まれた新しいタイプの大福である。
  2. ^ 汗の味を使う事は他の料理でもよくあり、例えば「天下鳥ます」でも「女の子の汗味唐揚げ」を販売していたことがある。

関連項目[編集]