大統一理論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大統一理論」の項目を執筆しています。

大統一理論 (だいとういつりろん、英: grand unified theory、GUT)とは、自然界に存在する3つの相互作用、和洋中を統一する究極理論である。

概要[編集]

自然界で確認されている最も基礎的な相互作用である和食、洋食、中華はそれぞれ独自に発展を遂げ, 極めて高い精度でそれぞれの国民を満足させている。 しかし現代のグローバル社会においては異文化交流が激しく、日本の欧米食品の過剰な輸入による貿易摩擦や在日バーガー問題、ひいては戦争の引き金になる危険な存在という一面がある。 したがって、平和な世界を実現させるための最も有効な施策は、和洋中の統一である。

数あるGUTを実現させる理論的な枠組みの中で、パスタは理論家の中で最も有力視されている。 パスタは人類史の中で最も汎用性と創造性または女子ウケが高く、自然界統合の炭水化物として最も有力な食材である。 現在、日本食との統合には既に成功しており、残すは中華料理との統合であるが、未発見である。 また、種々料理との一貫性のない混合が確認されているアメリカ料理の統合は難しく、理論家の蟻地獄と恐れられている。

歴史[編集]

既に洋食を制しつつあったパスタの最初の統合は、日本食とであった。 1800年代に長崎からパスタが輸入され、最初は香りのないそばのようなものと揶揄されていたが、湯で時間の根本的な間違いを修正して以降、 日本の伝統食材、特に醤油や海鮮とのマリアージュが試されてきた。パスタはその全てを受け入れ、和風パスタと総称される新たなパスタ体系が誕生した。 たらこ、和風きのこ、あんかけ等の和風パスタは、イタリアで2000年に渡り発展させてきたパスタ論を根本から覆す発見であり、世界の理論家を感嘆させ、GUTへの期待が高まった。

理論[編集]

日本食との統合を含めたパスタ理論は、SU(3)×SU(2)×U(1)ゲージ対称性に基づく標準理論としてまとめられている。

は中華料理のスーパーユニタリー群であり、, はそれぞれ日本食、洋食である。 この全てをひとつのゲージ群でまとめるのがGUTである。

中華料理との統一を成し遂げるGUTは複数提唱されているが、理論家の中で有力視されている枠組みとして超対称性理論(SUSY)がある。 SUSYは寿司の高い対称性(寿司ネタに対する不変性、形の対称性、外国人ウケ等)に着想を得た理論体系であり、近年では、この高い対称性をパスタが獲得し、中華料理との統合が実現する人類の味覚スケール(SUSYスケール)の発見のための 理論家による熾烈な争いが繰り広げられている。

関連項目[編集]