大造じいさんとガン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大造じいさんとガン」の項目を執筆しています。

大造じいさんとガン(だいぞう-)は鳩椋銃による、に身体を蝕まれつつも、亡き妻と耕した田を荒らす雁、残雪と戦う老人の姿を追ったノンフィクションドキュメンタリー。

小学校高学年の国語教科書に取り上げられてきたが、基礎学力低下に伴い「タニシは美味しい」[1] 「鳥は撃っても良い」[2]「銃を持って堂々と戦うことは素晴らしい」「鳥を撃つにはバードショット散弾」[3] などと曲解する児童が多くなってしまったため、教育者の間では指導のあり方について議論されている。また、2008年1月11日までウィキペディアガンについて調べると、無理矢理性的な項目にリードされてしまうため問題となっていた。 冒頭には「現在は禁猟だが、この作品は禁猟される前の話である」と言う事が記述されているが、気付く児童は少ない。もっと大きく書くべきである。

変換[編集]

変換すると、

  • 大蔵司遺産と癌

となる。「大蔵司遺産」だと児童が思う可能性も否定できない。

設問の例[編集]

  • 「あの群れの中に一発ぶちこんで~」から読み取れる、大造じいさんの気持ちを表すものとして適切なものはどれか。
    • ドキドキ
    • ワクテカ
    • ムラムラ
    • ピカピカ
  • 「おれは、ひきょうなやり方でやっつけたかあないぞ。おれたちは、また堂々と戦おうじゃあないか。」から読み取れる、大造じいさんの気持ちとして適切なものはどれか。
    • 自分はけっして負けたわけではないという負け惜しみ。
    • ついに惨雪に勝てなかったという悲しみと絶望。
    • 死期が迫っているが来年も生きてやろうという決意。
    • あのガンめ、いつか・・・ぶっ殺すと思うという野望
  • この文章からじいさんはどのような人と読み取れるか。適切なものを答えよ。
    • 下劣で鳥に対する憎悪を抱く悪人
    • 癌に蝕まれつも、必死で癌と闘う勇敢なじいさん
    • ガンを狩猟するという法に触れることをやるじいさん
    • 癌でもガンの尻に一発ぶちこみたいと思う絶倫鬼畜なじいさん

注釈[編集]

  1. ^ ガンの真似をしてタニシを生食した児童が広東住血線虫に感染した例がある。
  2. ^ 鳥を散弾銃で撃ち、児童相談所に送致された児童ら(7歳~10歳)がいる。(年齢が低いため、罪にはならず。)
  3. ^ 銃砲店でクレジットカードを持って「レミントンM870下さい」と散弾銃を購入しようとした児童(8歳)がいた。