大阪市高速電気軌道堺筋線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「何で俺じゃなくて阪急と繋ぐんだよ!!!!」
堺筋線 について、南海電気鉄道
「平日昼間はウチより本数が多い? 冗談でしょ?」
堺筋線 について、東京メトロ千代田線及び東京メトロ有楽町線

堺マッスル線(さかいマッスルせん、Sakai Muscle line)とは、大阪民国の重要交通路、堺筋の真下を南北に走る短路線地下鉄。あまりにも短いので阪急堺筋線とも言われている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大阪市高速電気軌道堺筋線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大阪市高速電気軌道堺筋線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阪急千里線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

阪急王国の入口で且つ、日本一長い商店街の称号が与えられている天神橋筋商店街上にある天神橋筋六丁目駅が起点。見た感じでは起点駅に見えなさそうな駅であり、ましてや阪急千里線の起点駅のようにも見えないが、実質この路線が阪急の路線みたいなものだから誰も気にしない。路線名のごとく、オタクの集まり場を通る堺筋の真下を通り、終点駅の天下茶屋駅まで至る。

筋線という表記がなされている為、堺市内にも行くと思われがち[1]だが、実際、堺市に乗り入れる地下鉄路線は御堂筋線のみなので、堺市内に行く場合は天下茶屋で南海に乗り換えるか、御堂筋線か半壊線に乗るしかない。え?阪和線?それはお察し下さい

堺筋線が阪急の路線と思われる理由[編集]

堺筋線は路線の短さから阪急の片割れとも言われている。その理由が以下の通り。

  • ラインカラーが茶色。
  • 車両は全て8両編成[2]。それは阪急も8両編成だから。
  • 土休日に限っては線内折り返し運用が殆どない。
  • 南海が提供する関空切符での阪急版は堺筋線経由で天下茶屋までとなっている。
  • 南海天下茶屋の到着放送で「地下鉄堺筋線、阪急線は乗換え」と放送される。
  • 他の地下鉄路線とは隔離されている。
  • 嘗て携帯電話電源オフ車両が設定されていた[3]。現在は設定なし(但し、混雑時には電源OFFを余儀なくされる)。

歴史[編集]

民国側は阪急王国と南海共和国との抗争の中にあり、両国からの直通を強要されていたが、民国側は阪急側につくこととなり、南海とは絶交。1969年、阪急千里線こと阪急堺筋線と直通運転を開始すると同時に、天六~動物園前で営業開始。後に南海の路線放棄で天下茶屋まで路線を伸ばし、いつ南海と直通してもおかしくない(ただし、南海と阪急の軌間が違うので今のところ実現は無理)状態まで持って来ている。開業当初は赤字垂れ流しだったが、阪急が急成長したおかげで現在ではバリバリの黒字路線にまで這い上がっている。2009年からは嵐山へも足を延ばし、阪急の忠実なる僕となっている。え? 大市交? そいつは俺の連帯保証人さ。

列車種別[編集]

乗り入れ先の列車種別も参照のこと

C普通(天下茶屋~高槻市間)[編集]

レギュラー種別で淡路での乗換えが不要。ただし、正雀で準急と特急のダブル退避を喰らうのは覚悟しておけ

C普通(天下茶屋~正雀間)[編集]

夜中の市交車限定。何故正雀行きなんだ?というツッコミが入りそうな列車だが、大市交の車庫が正雀にある為仕方無い。

C普通(天下茶屋~京都河原町)[編集]

早朝深夜の阪急車限定。正直、通過なしで京都まで行くのは拷問であること極まりない

D普通(天下茶屋~千里線)[編集]

千里ニュータウンから客を運んでくる。正直、千里線は優等種別がないから遅くても仕方ないね

E普通(堺筋線内完結)[編集]

平日日中が主。何故か阪急車も入るが、大丈夫。中身は阪急だから。

E普通(淡路発着)[編集]

朝に走るヤツは堺筋線に入らない。だが、それが阪急クオリティ誰も気にしない。しかしながら、こいつの所以で淡路以北の千里線方面や高槻市以西の優等通過駅の客(特に相川、正雀、摂津市の客)にとっては乗り換えという厄介な特典がついてくる事になる。

B準急(又の名を堺筋準急)[編集]

全車阪急車で運用。元々はラッシュアワー限定で全列車茨木市行きだったが、高槻市民の反発を受け、2010年ダイヤ改正で高槻市行きになった。しかし、これに文句を垂らしたのが長岡京市民や向日市民で、ウチらも空いてる電車で乗り換えなしで座って行きたいねん!!!!と言われ、2013年冬の改正で平日のこいつがほぼすべて京都河原町逝きになってしまった。実は京都河原町逝きについては2011年改正で土曜休日のみ設定されている(一部は乗り入れ先の淡路で快速特急(こころよくなくはやくもなくとくにいそがねぇ)に接続するように細工していた)のだがそれに触れては阪急王国の名に於いて粛清されるので誰も気にしない

過去の種別[編集]

B急行・B快急(堺筋急行・堺筋快急)[編集]

ラッシュアワー限定で、急行は南向きに、快速急行は北向きに走っていた。まさか、地下鉄に快速急行が来るとは・・・。快速急行は2001年のダイヤ改正で登場。以前は北向きも急行だった。両者共に京都河原町発着[4]で、京都からの通勤客を乗せていたが、2007年、本線での急行が準急に格下げされ、快速急行があれとなったせいで、全部準急に置き換えられた。合掌。...と思われたが、実際は淡路で梅田発の快速急行に接続しているので、特に大問題にはならなかった模様。尚、余談だが、市交車には 「急行|天下茶屋」「急行|高槻市」の幕が存在するが殆ど使われる事が無く、幕を新たに作る意味が無かったと言われている。その為、一部の車両では上記2つの幕が消されて、何も無かった事にされている。また一部では、堺筋急行自体が、朝ラッシュ時に於ける乗り入れ先のスピードダウンの戦犯の一人とされて粛清されたとも言われている。だったら同じ戦犯同士の通勤特急と快速急行はどう説明するんだよ。

レア種別[編集]

直通特急[編集]

堺筋線内の停車駅は日本橋に止まるだけでその他の駅はスルーする。嵐山への観光客を乗せて走っており、南海沿線民にも好評。元々は2009年に開通&直通開始40周年記念として登場したが、いつの間にか観光列車とった。現在は消息不明。初登場時は自社の銀さんを6連にして運用させていたが、後に阪急任せになった。因みに阪急線内は(一応)定期列車として走る快速特急と停車駅が同じ...ってことは臨時快速特急で良くね!?直通特急じゃなくても良くね!?(因みに阪急での直通特急は六甲のお膝元そのおまけにもあるらしい)でも同じ直通特急でも野球が本業の賭博鉄道播磨の赤いアンチキショーの奴よりかは遥かにマシである。

車両[編集]

茶色一色かと思いきや橙色まである始末である。又、線内に車庫が作れない為、正雀の近くに車庫を設けている。つまる所、大市交阪急に居候しているのである。まさに堺筋線は阪急のヒモというべきであろうか・・・。これこそ大阪市営地下鉄堺筋線が阪急電鉄に買収される可能性のある一番の要因であるし、阪急にクビを切られれば一発で死に至る路線なのである。

脚注[編集]

  1. ^ そもそも堺筋自体が大阪市内で完結しているのだが、それに触れると大阪民国の名に於いて粛清されるので誰も気にしない
  2. ^ 但し、行楽期の直通特急は6両編成。
  3. ^ これは阪急の「全席優先座席」精神による物で、優先座席が存在しなかった時代があったぐらいである。その後、優先座席を渋々導入するも、「全席優先座席」という精神は忘れなかった模様。
  4. ^ 急行の一部は高槻市始発

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「大阪市高速電気軌道堺筋線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)