大阪阿部野橋駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大阪阿部野橋駅」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「大阪阿部野橋駅」の項目を執筆してくれています。

大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき)は、大阪民国首都にある天王寺地区の南に位置する近鉄南大阪線JR西日本天王寺駅の隣に位置する。ターミナル駅かつ起点駅でもある。

概要[編集]

近鉄南大阪線の大阪民国側のターミナル駅で、飛鳥連邦帝国とを行き来する利用者で駅構内は昼夜を問わずごった返す。また、大阪民国と飛鳥連邦帝国を結ぶ数少ない鉄道路線であることから、近鉄が実施する乗降人員調査では毎年上位に位置しており、当駅と鶴橋駅大阪難波駅どうしで乗降客数1位の座を取り合っている。ちなみに正式な駅名は大阪阿部野橋であるが一部の利用者や案内板などにはあべの橋と省略されている。

駅構内[編集]

起点駅だけあって駅構内はとても広い。大阪市営地下鉄天王寺駅の御堂筋線西改札口の改札を出て左折して進み階段を上がると開放的な西改札口に出る。さすがはターミナル駅で、そこにはたくさんの自動改札機が一直線に並んでおり人波が絶えずに改札を通過していく。その向かい側には小規模ながら店舗がある。特急券・定期券売場は窓で仕切られており、自動ドアをくぐると清潔感が漂う窓口がある。改札を通ってすぐ右手には売店があり、これから飛鳥連邦帝国にむけて出国する人々が飲食物や車内での暇つぶしの新聞雑誌を買う人で常に賑わっている。

6面5線のホームは、北側から1番線、2番線と続きもっとも南側は5番線と6番線を共用している。昼間は概ね1・2番線は普通、3・4番線は準急か急行、6番線は特急が使用している(5番線は昼間は専ら回送列車が使う)。頻繁に列車が出入りしているが列車が入線していないときにはたくさんの人々がホームで列車を待っている。特に帰宅ラッシュ時には大阪民国で働く多数の飛鳥連邦帝国に住むサラリーマン出稼ぎ労働者高等学校の生徒達でホームは瞬く間に埋まる。

近鉄百貨店阿倍野店[編集]

この駅は外観を見てわかるように巨大な要塞となっており、その要塞の中は近鉄百貨店阿倍野店となっている。というのもこの西側には大阪民国で最も治安の悪いとされる西成釜ヶ崎地区となっており、過去には当駅周辺まで広がった暴動がよく発生し、その度に被害を受けてきたのである。近鉄は対策として駅をバリゲートで囲んだり、数百人もの機動隊を配置したりしたが全く効果は上がらず、もっと被害を防ぐために何か対策はないかと模索していた。そんなある日、近鉄は阪急電鉄梅田駅に併設されている阪急百貨店に目を付けた。そのとき、“駅を頑丈な建物で覆ってしまえば被害を押さえられる”と考えた結果、駅は巨大な百貨店に包まれた。そのような経緯があって百貨店の側面に大多数の人々が鉄パイプやひのきのぼうなどで殴りかかっても傷ひとつつかず、火炎瓶を投げられても内部まで延焼しないほど頑丈に造られている。また、暴徒と化した人々から屋上からの侵入を防ぐために高低差は相当高くなっており、並の人間は確実に登りきれない仕様となっている。このことから、過去に起きた暴動がどれだけの被害を生みだしたかを今に伝えているようである。しかし、年を追うにつれて老朽化が進行して耐久性に問題が出てきたために要塞の一部をさらに頑丈に、かつさらに高くしようと現在改装工事中である。これが完成すると暴徒は完全に駅に被害を与えることができなくなるとされている。

駅周辺[編集]

2000年代より駅周辺は大規模な再開発が行われており急速に商業化が進行している。駅の北側には道路を挟んで天王寺駅があり、当駅との乗り換え客も多いが、近鉄はアンチJR西日本のメンバーなのでJRとの乗り換え案内に関しては消極的である。逆に大阪市交通局とは友好な関係を結んでおりそちらとの乗り換え案内には積極的に力を入れている。

駅のすぐ南には近鉄系の商業施設andとHoopがあり、毎年クリスマスの時期になると大量の電球がそこら中に光っている。また、駅の道路を挟んで西側にはあべのキューズモールなる商業施設が広がっており、店内はイトーヨーカドーのほか、109をはじめとする若者向けのファッションショップが多数営業している。おかげで大阪民国からはもちろんのこと大型商業施設が乏しい飛鳥連邦帝国からの買い物客が2010年の時よりも連日押し寄せてくるようになった。また、近くにはアニメイト大阪本店もあるのでその道のオタクの人も集まる。

乗り換え可能な他社線の駅[編集]

  • 西日本旅客鉄道
    • 天王寺駅
      大阪環状線大和路線阪和線の各線に乗り換え可能。だが、前述の改装工事によって両駅どうしの移動がややこしくなってしまったことで利用者からは不満の声が噴出している。
  • 大阪市交通局
    • 天王寺駅
      御堂筋線谷町線の各線に乗り換え可能。御堂筋線との乗り換えは良いものの谷町線とは結構離れており、道に迷いやすいので素人にはお勧めできない。迷ったら案内板をたよりに進もう。
    • 阿倍野駅
      谷町線と乗り換え可能。前述の長い距離の乗り換えを嫌ってか、阿倍野駅で乗り換えをする人もいるという。
  • 阪堺電気軌道

隣の駅[編集]

大阪阿部野橋駅 – 隣の駅は河堀口駅、準急の次の停車駅は河内松原駅、急行の次の停車駅は古市駅、特急の次の停車駅は尺土駅

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「大阪阿部野橋駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)