大黒屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大黒屋」の項目を執筆しています。
「この宝くじ売り場が天正時代に存在したら、俺も改易を免れたのに…。」
大黒屋 について、岩城貞隆

大黒屋(だいこくや)とは、かつてに存在していた宝くじ売り場である。宝くじ売り場の他に副業として百貨店も経営していた。

概要[編集]

1901年に福島県平市(現:いわき市)にて創業。全国的に見たらどこにでもありそうな宝くじ売り場であったが、浜通り南部の住民によれば地域最大の百貨店だったとの事である。

全国的に有名になったのは、1985年に年末ジャンボ宝くじの一等から末等までの当籤券が、全て大黒屋での販売であった事が判明したと言う、世界的に見てもあり得ない奇蹟を成し遂げてからであった。この快挙は週刊誌夕刊紙は勿論、ロイターAPばかりか蘇連邦タス通信中獄新華社通信までもが全世界に報道した。

その後も大黒屋は、15年連続で年末ジャンボ宝くじの一等を当てると言う更なる伝説を作ったが、特筆すべきは1994年の年末ジャンボ宝くじで一、二等を独占すると言うかつての奇蹟を思い出させるような快挙を成し遂げた事である。[1]

このような実績から、毎年暮れになると茨城県は元より全国から宝くじを当てようと言う虫の良い連中がこの売り場に集結し[2]、大手旅行会社までもがバスツアー航空機利用のツアーまで組む[3]ほどとなった。

しかしながら、副業の百貨店事業の売り上げは芳しくなく、副業での赤字が膨れ上がった結果、大黒屋は2001年5月21日に破産宣告を受け消滅した。「自分で宝くじを買って当てていれば倒産を免れたかも知れないのに」と言う消滅を惜しんでいるのかいないのか分からないような声は今日でも聞かれる。

消滅後[編集]

  • 大黒屋の倒産後、消滅を惜しんだ地元の有志が跡地の至近に宝くじ売り場を開設、2001年9月27日に営業を開始したが、かつてのような高額当籤はまだ見られないようである。
  • 大黒屋の跡地は永く放置されていたが、その後取り壊され結婚式場になった。"¥結び"の聖地が"縁結び"の場となったのである。

脚注[編集]

  1. ^ 連続一等当籤の記録がストップした2000年には、逆にその事が全世界に打電されると言う珍事が起きた。
  2. ^ 郡山⇔平の高速バスは、元々は福島県中通りから宝くじの購入に行く巡礼者のために営業を始めたのが由来である。
  3. ^ これらのツアーで一等を当てた者は確認されていない。

関連事項[編集]


Uporg659371.jpg 株式会社大黒屋は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)