天井

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

天井(てんじょう)とは、見上げた君の目に映るものである。また、天丼とは似て非なるものである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天井」の項目を執筆しています。

特徴[編集]

世界の多くのものに備わっているものである。しかし例外は存在し、猫-トースト装置など一部のものにはこの概念は通用しない。後述するように多くの種類が存在し、日常的に誰もが影響されるものにもかかわらず、普段その存在を深く意識することが無い。大切なものは無くなって初めて気付くという切なさを体現する存在とも言えるが、それはそれである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

種類[編集]

天上から光を採り入れる。

一般的な天井[編集]

建築物の上辺を形成する。室内などでジャンプした際、この天井が低いと頭頂部をしたたか打ちつけ、時には失神に至る。では天井など無用ではないかという意見も存在するが、この天井を無くした場合のシミュレーションでは、日光隕石が直接人体に降り注ぐという結果が得られ、やはり天井は必要ではないかという意見が出た。

吊り天井[編集]

天井をロープで吊り下げているもので、室内にいる人間の身長に合わせて高さが変えられるのが特徴。高さを変える事で、冷暖房の範囲を必要最小限に抑え、光熱費を節約する効果がある。尚、しばしば殺人用の罠として紹介されるようだが、吊り天井の圧死はいずれも単にスイスの某エレベータ会社の技術を導入した欠陥品が故障した結果、内部の人間を圧殺してしまった事故に過ぎない。

青天井[編集]

先述の物理的天井が無い状態を指すことが多く、一般的には屋外における天井の概念である。青天井と呼ばれてはいるが、実際には白い靄がかかっていたりかったりかったりするが、四捨五入して青とされる。この天井は世界の果てにいる巨人によって支えられている。また、まれに落ちてくることもあり、その際には「空が落ちてくる」と表現される。

麻雀でこの概念を導入すると確実に誰かが破産する上に、全員が警察のご厄介になる可能性が高いので、極力避けたほうが無難である。

人生における天井[編集]

主に中学大学において多くの人間が感じ取る天井である。まれに小学校で感じとれる人間も存在する。一部の人間は、ドラゴンボール理論により天井などというものは存在しないと信じているが、それは迷信である。この存在に気付くことにより人間的に一回り大きくなるようで、身の丈にあった生活が送れるようになる。

数の子天井[編集]

未知なる存在である。

歴史[編集]

この世界が創世された時には既に青天井が存在した。これが原初の天井であり、青天井を支える巨人さんも既にそのときから存在している。初期の物理的天井は、葉っぱ洞窟など、天然のものであったことが多い。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連[編集]