天保山

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天保山」の項目を執筆しています。

天保山(てんぽうざん)は、大阪府大阪市にあるである。

歴史[編集]

天保山は、もともと杞の国の人のために、その憂いをなくすことを目的としてつために建造された山の形をした建造物で、標高は宇宙まで達する100km程度あった。須弥山は天保山の別名であるという説もある。

安土桃山時代から、周辺の大坂で開発が始まったため、裾野を削って著しく切り立った山となっていったが、その時代の形を山頂にある記念碑が現代へと伝えている。

近代に入ると、天保山にあった膨大な土は夢洲舞洲などの埋め立てに使われたほか、阪神大震災によって途中で折れてしまったことや(折れた部分は大阪湾へと沈み、その上に関西国際空港が建設された)、近くを通りがかった和田アキ子の気まぐれで地盤沈下が起こったため、現在は標高わずか4.5m(約2.72hyde)となっている。大阪人は「日本一の(日本一低い)山」だと誇りにしている。え?今は宮城県仙台市にある日和山の方が標高が低いって?そんなの誰も気にしない

なお、現在は山頂のはるか上空を高速道路が通り、その柱が天を支えているという。

天保山の土砂で造られた埋立地[編集]

天保山山岳会[編集]

天保山はその高さから、聖地として崇められ、頂上まで上ればとコンタクトできるという伝説があったが、実際にコンタクトを取っていたのは周辺の橋本氏一族だけであった。標高の低下とともに世俗的な登山者が増加したため、祭祀を行っていた橋本氏が山岳会を結成、登山者の支援に当たっていた。標高が4.5mとなった現在においても、橋本氏の末裔が喫茶店「山小屋」を開き、山岳会を引き継いでいる。

関連項目[編集]