天然パーマ証明書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

天然パーマ証明書(てんねんぱーましょうめいしょ)は、主に私立高校で禁止されているパーマについて、生まれつき天然パーマだという事を証明して風紀検査等の際に摘発対象外であることを保証するために発行される許可証である。通称「天パ証明書」。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「天然パーマ証明書」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

パーマは学校の規律を乱すという理由で、昭和初期に多くの中学高校の校則にパーマ禁止令が導入された。そのため、生まれつきの天然パーマの生徒が風紀検査で摘発され、「これ天パなんです…」と涙ながらに訴えても「そんな紛らわしい頭をしてる方が悪い」という理不尽な生徒指導担当教師の叱責を受けるケースが跡を絶たなかった。そういった生徒の保護者からの抗議に対応して、いきあたりばったりに作られた解決策が「天然パーマ証明書」である。

現代においては、陰毛ヘアで登校しようものならクラスの笑いものにされる事から、故意にパーマにする者がいるとは考えづらく、黒人差別するために残っている制度に過ぎない。

また、通常、偏差値が高い学校ほど校則が緩く、生徒の自主性を尊重しているため、パーマ禁止令もこのような証明書も存在しない。つまり、この証明書は、イキがってパーマを当てるようなDQNだらけの低レベル校に通う、中途半端にマジメな生徒であるというありがたくない証明書としても通用してしまっているのが実情である。

批判[編集]

天然パーマ証明書は、担任や校長に対して「子供の頃の写真」を添付した「天然パーマ証明申請書」を提出することによって許可されるが、家庭の事情で子供の頃の写真がない生徒や、後発的に天然パーマになってしまった生徒に対する配慮がなされていないという批判もある。

法的根拠[編集]

パーマ禁止令をはじめとする校則は、私生活や生活態度など道徳的な部分や私的な領域に踏み込むため、人権に抵触する可能性が高いとされている

実際に丸刈り強制を行った学校については裁判で争われたケースもあり、今後、法的根拠が問われることがあるかも知れない。

学校側の言い分としては、生まれつきパーマの者に対しては特例措置として許可制度を用意していることから問題ないとしているが、上述のとおり一部の天然パーマの少年が保護されていないケースも少なくなく、認められるかは疑問視されている。

関連項目[編集]