紫金城

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

失禁城紫金城(しっきんじょう)とは、東洋のどこかの国にあった世界最大にして最臭最凶、しかも難攻不落とされただよ。

過去の栄光[編集]

勘の良い人じゃなくても、「あった」「された」と過去形を用いてあたかも今はそうでないかのような表現になっている事に気づいたよね?事実そうだから仕方ないんです。 この城は、築城当時は限りなく広い敷地一杯に壁という壁はド派手な紫色に塗り上げられ、屋根瓦やしゃちほこの鱗の1枚1枚まで金箔で飾り立てられた見るも悪趣味豪華な建物が立ち並んでいたから紫金城と称していたんだって。

「紫金」から「失禁」へ[編集]

しかしこの一見豪華で何でもありな紫金城にも、重大な欠陥と言うか設計ミスがあった! 感の良い人はもう気づいただろうけど、それは「建物の数の割に便所の数が少なすぎたって事だよ。おかげで城内では身分の上下を問わず(それこそ皇帝でさえ!)間に合わなくて漏らす人が続出、あっという間に城内は常に耐えがたい臭気が立ち込めるようになっちゃって、ついには一度入ったら漏らさずには出てくることができないと言うまで出てきてしまった。だから主に皇帝や貴族のことを快く思わない庶民らが「失禁城」(「紫金」と「失禁」の掛け言葉)と揶揄しはじめて・・・面白い事に、ついには皇族・貴族も臭いのを認めて居直ったのか公式文書でも「失禁城」の名称を用いだしたよ。

現状[編集]

今はもう皇帝は存在自体抹消されちゃったから、もう城なんか要らないじゃないかって言われてたんだけど、せっかくなので博物館として残してあるんだ。おかげで入場料さえ払えばバリバリ庶民の私達でも入れて気分良いなぁ〜と思うかもしれないけど、入場した瞬間に「前言撤回!」と思うこと請け合い。何故って・・・博物館として整備された今も「何故失禁城と言われるのか」を示すため便所は少ないゆえに、城内至る所に鼻も曲がるような異臭が漂ってるから。もちろん自分も漏らすことを覚悟したほうがいいよ。

関連項目[編集]

Chn13051007310002-p1.jpg この項目「失禁城」は、姉歯さんがビックリしちゃうほど欠陥だらけです!警察沙汰にならない内に、震度7の地震もへっちゃらである位の耐震工事をして、「大改造!!劇的ビフォーアフター」の匠達をも魅了するように仕上げて下さい!! (Portal:スタブ)