奥菜恵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

奥菜恵(おきなめぐみ[1],1979年8月6日~)は、日本の芸能人。身長は0.99hyde

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「奥菜恵」の項目を執筆しています。

概歴[編集]

身長0.994hyde広島原爆の日に生まれるという記録を作りつつ、12歳の時に某テレビ局が仕掛けた某映画に出演。全3部作のうち1/2部をテレビでオンエアして、続きが知りたければ映画館に行って観なければならないという極めて姑息(当時の視聴者の発言要旨)な手段を用いた公開方法が嫌われて商業的に大失敗し、かのWikipediaにも項目が作られていない(日本時間2008年6月3日現在)ほど軽視されている作品だが、出演した奥菜だけはそれなりに注目された[2]。そしてその人気を背景に、デビュー当初は歌手としての活動も行われたが、そのアイドル性抜群のルックスに比してあきれるほど唄が下手くそであり、第一あの鼻にかかった声が耳ざわり歌唱力に多少の問題があり、次第に映画やドラマ、そしてグラビアでの活動に重点が置かれるようになっていった。

デビューして以降、間断無く男性の影がちらつき、度々マスゴミ餌食話題となった。特に、2001年に一部の写真週刊誌が検閲により削除を載せた事でアイドルとしてのイメージは失墜したが、逆にこの頃から女優としての評価が高まっていき、同スキャンダルと前後して公開された「RED SHADOW 赤影」が後年のデビルマンと同等の原作レイプ映画近来に無い名作と評された事もあって、奥菜は次第に本格的な女優へと変身していった。

2004年、出演した検閲により削除がヒットし、ハリウッドでリメイクされた事がきっかけとなって海外の映画関係者からも注目されるが、その直後、某IT長者といきなり結婚→あっという間に離婚→莫大な慰謝料をふんだくる、という原爆の日に生まれた大量破壊兵器としてもお決まりのパターンを私生活で演じてしまい、その独創性の無さに奥菜の演技力を評価していた者たちも一斉に糾弾の声を挙げた。ふて腐れた奥菜は所属していたプロダクションから逃亡し、引退した様な体でしばらくニートを演じていたが、頭が冷えた途端、告発本を出して「引退なんて一言も言ってません」と強弁し、現在にいたる。

脚注[編集]

  1. ^ 国際文芸出版刊「間違いだらけの日本語・人名篇」によれば「予備知識の全く無い人間がいきなり正確に読める可能性が極めて低い固有名詞ベスト100」に入っている。
  2. ^ そのため、堂々とデビュー作だと明記し、ついでにその時の役名を芸名として頂いてしまった。

関連項目[編集]