奥華子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

奥 華子 (おく はなこ、1978年3月20日 - ) とは千葉県船橋市出身のシンガーソングライター。35歳には見えない、リアル魔法の人。身長1hyde-3cm。つじあやのとは別人という設定である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「奥華子」の項目を執筆しています。

人物[編集]

東京都に隣接していながらイマイチぱっとしない千葉県を拠点に、キーボード弾き語りで路上ライブを行う。 ニッチな15秒CMソングを制作・歌唱していることで一部のテレビっ子の間では知られた存在だったが、 2004年に井川遥出演『TEPCOひかり』のCMソングを担当したことで存在が世間に広く知られるようになった。 性格は極めてサバサバで、基本的に口べたである。アウトドア派というよりはインドア派で、やることが無いと自宅で料理を作って過ごすという。しかし料理の腕は「プレゼント」の歌詞から伺えるように粛清されましたであり、食わされた当時の彼氏は深刻な食中毒になり、最終的には「きみの空」みたいな結末に陥ったことがあった。寿司屋のバイトで食いつないでいた無名のインディーズ時代、将来への不安から一時精神を患っており、当時作曲した歌は病的なものが多い。 雑誌の取材に対し「一目惚れしやすい性格・好きになったら即告白、駄目だったらすぐに諦める」と自身の恋愛観を語っており、「人を好きでいないと駄目なんです」とも公言している。これ以後、勘違いを起こした一部のファンがサイン会で無駄にアピールをするという光景がしばしば見られるようになった。

作詞・作曲[編集]

恋愛を書いたものが多く、稀に社会風刺的なものも存在する。かつてはスローテンポで暗い歌が多かったが、最近の傾向としては平和的な詩でほのぼのとしたメロディが主流になっている。男性側・女性側双方の視点から作詞されたものが約半々ずつで、男性観・女性観のバランスは極めて整っている。しかし一方で、シンガーソングライターという特性上、自身の経験や希望から書かれた歌も少なくなく、未練たらしい歌や元カレへの不満と見て取れる歌も存在する。これには、私生活の暴露であるとして関係者から抗議を受けたこともあるとか無いとか。奥華子と付き合うと私生活を全ていいように歌にされ全国に垂れ流されるというだけあり、交際している人にとっては困った問題となっている。そのせいで、何度も出て行かれてしまっている。恋愛ソングが多いと思う人が多いが、全国10万人程度の赤メガネフェチやマスコミからは「失恋ソングの女王」との呼び声も高い。

歌唱力[編集]

歌唱力は秀逸である。特に中音域の透き通った声は魔法の声と呼ばれている。その代わり高音域・低音域は極めて不安定で、無理して出した高い声のせいで体調不良を訴える観客もしばしば現れた。音域の狭さは歌手にとって致命的であり、当人も一人カラオケで日々音域拡張のために練習しているというが、そんなことよりもプロのボイストレーニングを受けてほしいというのが周囲の本音である。また、一部からは奥華子の声をアニメ声だとする声もあるが、アニメ声というよりはワイドショーの「プライバシーのため音声を変えております」の変声機声と表現する方が現実に近い。ただ、この声は作られた声であり素の声は至って普通である。

ちなみに大学(東邦音楽大学)での専攻はトランペットであるが、トランペット奏者としての活動も楽曲での使用も特にない。そのため、人前でトランペット吹くときは、ヨハネの黙示録におけるトランペットを吹く天使として現れると考えられている。大学でのトランペット専攻には逸話があり、大学進学に向けてピアノ専攻で受験したにもかかわらず全ての試験に落ち、仕方なく幼い頃から続けていたトランペットで受験したら受かったという。ちなみにピアノは5歳の頃から続けている。2007年春に発売されたアルバム『TIME NOTE』の「君のためならできること」では奥華子自身がリコーダー演奏を披露する部分もあるが、その演奏力は極めて稚拙である。

路上ライブ[編集]

インディーズ時代からメジャーデビュー後の現在まで精力的に路上ライブを続けている。 主に津田沼駅渋谷駅といった主要駅前でゲリラ的に路上ライブを行うことが多く、駅前ではしばしば奥華子を原因とした交通渋滞が起こっている。

ファッション[編集]

赤いメガネがトレードマークである。メガネを掛け始めたのは3年前からで、それまで足を止める人がまばらだった路上ライブもメガネを掛け始めた途端急に足を止めてくれる人が多くなったという。世に言う赤メガネ効果である。それからは営業中は決してメガネを外すことが無く、一部ではメガネが奥華子本体で後ろの人間はオプションなのではないかと噂されたこともある。奥華子本人は自身の素顔を「ヤワラちゃん(谷亮子)に似ている」と形容しているが、実際過去の素顔の写真を見ると非常に似ている。そのため、アイデンティティーとしてメガネを外さないのではなく、単にコンプレックスでメガネを外せなくなったのではないかとの声も一部では聞かれる。

奥華子といえばジャージも忘れてはならないトレードマークである。現在、高価なものから安価なものまで50着以上のジャージを所有しているといい、路上ライブでは毎回違うジャージを着こなしてファンを驚かせている。ジャージを着始めた切っ掛けは語られていないが、路上ライブ業という特性から身軽で着こなしやすい点が好まれたのではないかと思われる。今更語るまでもないが津田沼の人なので南口では「イシバシ楽器」→「ピーアンドディー」、北口では「島村楽器」→「ムラサキスポーツ」と言うルートが辿れるので、そもそも津田沼のミュージシャンはどいつもこいつも大体ジャージを着てることが多い。

関連項目[編集]