女子トイレ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
女性専用記事
Ladies Only
注意

この記事は終日女性専用となります。小学生以下のお子様(精神年齢換算不可)、身体の不自由な方および介助者の方以外の男性の方は他の記事へお回りになるか、女装での閲覧・執筆をご協力お願いいたします。

女子トイレ(じょし - )とは、女子にとってはトイレであり、男子にとっては秘密の花園である場所。

概略[編集]

女子トイレは一般には女性が排泄をする、生理用品を交換する、自慰にふけるなどに用いられる設備である。しかし男子小学生が女子トイレの前で遊ぶ事もある。また、スイーツ(笑)のたまり場である。

存在意義としては、いくつかあげられる。

無論女性が使用するトイレと言うのも一つだが、男子小学生がじゃれあう為に必要な設備である。この場合は、押し競饅頭ともなるがここで女子トイレに封印されることとなった男子は変態のレッテルを貼られる事請け合いである。男子数名でいるところ、女子トイレに入るとどう考えても変態扱いされるが、ひとりでいると入ってみたくなる。

これはなぜか。そもそも男性にとって、女性は謎めいた存在である。特に異性への性的興味と子供らしい純粋な好奇心を併せ持つ思春期の男子にとって、女子というのは見えないヴェールに覆われた宇宙のように魅力的な存在なのだろう。女子トイレとはそのような未知数の魅力的存在たちのみが出入りする空間だ。このような空間は男子たちにとって女性の謎を象徴するものに違いない。そして彼らは、この象徴を入り口として女性という謎と魅力に満ちた宇宙へ干渉できるのだろうかと自問する。この段階でたいていの男子はエロ妄想に価値を見出すことによって危険な兆戦をせずにすむわけだが、他方そうすることが出来ずに強姦にはしる馬鹿もいる。

他にもリア充と呼ばれる大衆化社会の頂点付近に君臨する者がセックスをするための簡易ラブホテルという事が文献により判明している。設備こそ質素だが無料で使えるので、まだ学生の者にはありがたい個室といえる。

男子生徒の使用方法[編集]

友達を女子トイレに押し込む、又は友達の品物を女子トイレに投げ込む、これだけの使用方法しかない。しかし「トイレはトイレじゃん、何が恥ずかしいの?」といわれると違うはずなのに何故か反論できない。

例外的には、便意が凄まじく、もう次の瞬間に漏れているのではないのかという時、誰にも見つからないように女子トイレに入り、誰にも見つからないように出て行く事が可能である。

稀に、素で男子トイレと女子トイレを間違えている者もいるため、みかけてもみなかった事にしてあげよう。

設備[編集]

女子トイレ内の設備としては、個室式の和式、又は洋式の便器が3~5個、多いところでは10個程あるものが一般的である。無論、小便器は無い。そして、一つの個室には確実に一つの小さいゴミ箱がある、これは使用済XXXXX入れなので、仮に侵入したとしても、それだけは開けてはならない、パンドラの箱ってレベルじゃないから。お世辞にもいい匂いとは言えない。

一部の場所では洋式便器が二つ向かい合って設置されているなど、常人には理解不能な設計となっている場所が少ないなりにも報告がなされている。親子用だとかアベック用だとか議論が交わされているが一番の有力候補は用を足しながらのコミニュケーションを取るためだと言われている。

注意点[編集]

当たり前の事ではあるが、女子トイレと、女子とついていることから、男性は入ってはならない。(もちろん女性が男子トイレに入るのも禁止されているが、例外として女子トイレが混雑している場合、オバちゃんに限りどちらのトイレも使うことが出来る)

しかし誰もいない時を見計らって男性も侵入をすることは出来る、しかし、中で女性に見つかってしまったら白黒の車が来て大変な事になるから気をつけましょう。

ていうか侵入してはいけません。スネークした俺が言うんだから間違いない、行くなら更衣室行って来い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「女子トイレ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。