女子大生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女子大生」の項目を執筆しています。

女子大生 (じょしだいせい) とは哺乳類の一種であり、とかく事件に巻き込まれやすい生物。近縁種に女子短大生 (じょしたんだいせい) という種も確認されている。

常に狙われている。

分布[編集]

女子大生は広く分布しており、世界各国に分布する。

英語名:Female college student

主に日本中国韓国アメリカ等文明の発達している国に生息する。

特徴[編集]

[編集]

雑食性であり他動物の肉、野菜、穀物などを食べる。

無性生殖の可能性[編集]

女子大生は全ての個体がメスであり、女子大生のオスは発見されていない。毎年、春になると大量発生するも、どのように発生するかは未だ確認されておらず、オスの存在が発見されていないことから無性生殖によって新たな個体を形成している可能性がある。しかし、全ての個体の容姿が多種多様であり、一般的な無性生殖、クローンの形成とは違い、正確な生殖形態は不明である。

人間と酷似[編集]

女子大生は人間に酷似しており、移動は二足歩行により行われる。胸部は個体差によりバラつきはあるが肉付きがよくふっくらしている。また、非常に高度な知能を有しており、人間の18~22歳と同程度の思考・判断を行える。

体形は人間年齢で言うところのおよそ18歳程度、体長は160~170cm程度の容姿を持って生まれ、寿命は3~4年と非常に短命である。なお特殊な環境下では、生まれた時点の見た目が19~21歳以上のロウニン種や寿命が4~6年以上のリュウネン種も存在する。

コミュニティの形成[編集]

女子大生は生まれてから数週間程でサークルと呼ばれるコミュニティを形成、または先に生まれた女子大生により形成されたコミュニティに参加する形を取る。稀に近縁種である大学生(哺乳類の一種)のオスのみによって形成されるサークルに女子大生1匹が参加することもあるが、大学生のオスは女子大生を奪い合う形で争い、数年でサークルは離散する。前述の生殖形態についてこの大学生のオスが関係しているのではないかとの説もあるが、争いの末残った大学生のオスが女子大生と連れ合いになることは少なく、連れ合いになった場合も数週間程で女子大生は大学生のオスを捨て、別の大学生のオスが形成するサークルに移動する為、その可能性は低い。

日本で発生する事件における女子大生[編集]

各国に分布する女子大生であるが、日本の女子大生は事件によく巻き込まれる。容姿が人間に似ていることから性の対象として取られ、ストーカーレイプ、その他快楽殺人の標的となる。また、殺された女子大生は必ずと言っていい程バラバラにされており、凶悪な事件と化す。しかし女子大生は毎年大量発生することから個体の減少は危険視されておらず、特に保護策は講じられていない。動物愛護団体からは「人間の女児には過保護なまでの策を講じておきながら女子大生に対しては無策というのはおかしい」と非難されているが、動物が犯罪に巻き込まれことを防止 する策というのはこれまでに存在せず、判例主義が国民性な日本では尻込みしている現状である。

関連項目[編集]