女性専用車両

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
女性専用記事
Ladies Only
注意

この記事は終日女性専用となります。小学生以下のお子様(精神年齢換算不可)、身体の不自由な方および介助者の方以外の男性の方は他の記事へお回りになるか、女装での閲覧・執筆をご協力お願いいたします。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女性専用車両」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「女性専用車両」は何故か「女性専用車」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

女性専用車両(じょせいせんようしゃりょう)とは重度の人権侵害の一種で、女性人身売買などを行う際に女性をまとめて運ぶために使われた車両、またはその制度そのものを指す言葉である。一般的には鉄道を用いることが多いが、広義では籠や馬車、自動車、船舶なども含めるとされる。欧米諸国やアムネスティ・インターナショナル、そして国際連合からも非難を浴びている制度の一種である。日本など一部の国ではまだ廃止されていない。創価学会が作ったらしいが、結局検閲により削除

世界における歴史[編集]

世界的に見てもこの女性専用車両は古くから使われている。ほぼ奴隷制度と同時期に開発されたと見て間違いない。 2012年2月24日の東京都庁定例記者会見において、石原慎太郎都知事より女性専用車両に関して問題視される発言が挙げられた。

記者会見の模様

大航海時代において奴隷を運ぶ際には基本的には別の船舶に分けられたとされるがこれも女性専用車両の一種である。また魔女狩りにおいて魔女を運ぶのに用いられる車両も女性専用車両の一種とみなされている。フランス革命期の王妃マリー・アントワネットは国境から逃亡しようとしてつかまった際に、この女性専用車両に乗せられ、フランス国民の嘲笑を買ったといわれる。

鉄道の発明以降、この女性専用車両は大幅な発展を遂げる。ドイツにおいては近代に多くの女性専用車両が使われ、ユダヤ人女性の強制収容所などへの移送に使われた。アンネ・フランクもこの列車に乗せられた一人とされ、またドナドナは娘を女性専用車両に乗せられたユダヤ人が歌った悲哀の歌といわれる。

現在では一部の先進国においてこの女性専用車両は禁止されている。 日本では、女性専用車両の廃止を求める民間団体が多数存在し、国民の世論を支持を得て加入者の増加や寄付金が集まっている。

読売テレビが紹介した女性専用車両問題の市民団体

日本における歴史[編集]

「実は男性も乗れる」と知ったガキが女性専用車両に乗り込み駅員に激おこされる動画 (←何故か上手い事埋め込めないので誰かお願いします)

日本での女性専用車両の歴史は古く、その原型となったものは弥生時代に由来する。卑弥呼は古代中国に贈り物一式として奴隷も送っているが、この際に女性の奴隷と男性の奴隷を分けたことが起源とされる。この日本的で細やかな気遣いは魏の為政者たちにとっても大変感動したと伝えられ、喜んで金印他の返礼をしたといわれる。

源平争乱時代においても女性専用車両は資料に出現する。この当時、とらえた敵捕虜はよほどの高貴な身分でない限りは殺すか人身売買で処分するのが一般的であった。源氏は捕虜となった平家の女性を臨時で仕立て上げた船および馬車牛車を用いて護送している。当時の記録によると山陽道はこの女性専用列車がひっきりなしに運行し、瀬戸内海海上は捕虜を乗せた船が頻繁に往復して、まさに末法の世であったと記載されている。

鎌倉室町期には一概に女性ばかりが乗せられていたとはいえず、男性、特に男性の小児(稚児)を載せる目的で作られた専用車両もあったようだ。当時の性風俗に詳しい兼好法師の著書では、当時の好き者たちは男性専用車両を楽しみにしていたといわれている。一方で、元寇時のモンゴル軍が対馬で行った女性専用車両(船舶)は当時の運送業に携わる者達にとって大きなショックを与えたとされる。

戦国時代においても敵の姫や女中などを運ぶ際に用いられている。徳川家康の孫である千姫がこの女性専用車両に乗って大阪城落城という難を逃れた点は非常に著名である。また馬借・車借とよばれる業者の一部には女性専用車両を専門に扱う業者も登場していたようだ。また海外に日本人女性(じゃがゆきさん)を運ぶ際に使用した船もこの一種とされる。また「かごめかごめ」はこの時期の女性専用車両とのやりとりを歌った人身売買と一般に言われている。

江戸時代においてもこの制度は継続されており、女好きで知られる大久保長安の屋敷には日々この女性専用車両(籠)が運行していたといわれる。しかし、幕府の改革により一時期これらの業者が「悪所を助長する」とされ、禁じられていた時期もあった。

明治時代~昭和初期においてもこの制度は継続され、平塚雷鳥などはその残虐性を訴えている。ゲームソフトサクラ大戦」において少女たちが出撃する際に列車から飛び降りるのは、大正デモクラシーの時期にこのような野蛮な風習があったという強烈な皮肉である。また第二次大戦中の女性専用車両について、いまだに日本は賠償を求められている。

戦後はこの制度はGHQによって廃止されるかと思いきや、GHQによる赤線地帯などの慰安所設立の依頼のため現代に至っても存続している。しかしながらこの制度に対して反対したものも少なくない。たとえば、THE BLUE HEARTSは自身の曲であるTRAIN-TRAINにおいて女性専用車両に乗せられる女性の悲哀を歌っている。また津軽海峡冬景色において出てくる、「上野発の夜行列車」とはこの女性専用車両のことを指しているとされる。また女性専用車両の存在については鉄道マニアの間でも意見が分かれている。

虚構の女性専用車両[編集]

このように人権侵害の代表格として使われる女性専用車両は、ディストピアなどを表現する際に小説漫画で非常によく使用される。たとえば劇画のベルセルクの第一巻には、街を支配している盗賊にささげる女子供を運ぶ女性専用車両が登場する。北斗の拳では大佐(カーネル)が率いるゴッドランドにて子種を残す為に拉致した女性を運ぶために使われている。

結論[編集]

ヒステリーを起こすキチガイ隔離施設として有効に活用されている。

なお、女性専用車両はあるが池沼専用車両はないので、男の池沼は他の男に混ざって満員電車の中をマナーと節度を守って我慢しなければならない。男女差別であり生き地獄である。 と思われがちだが女性専用車両には男女問わずキチガイが乗っているようである。

https://www.youtube.com/watch?v=f7BPCI6EUaE

関連事項[編集]