女教師

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女教師」の項目を執筆しています。

女教師(じょきょうし)とは、学校内に於ける性処理担当官である。教員である「女性教師」とは名称が似ているがさほど関係はない[1]

概要[編集]

修学旅行における性欲処理問題を例にだすまでもなく、中高生にとって日々巻き起こる甚大な量の性欲を如何に処理するかは非常に重要な課題である。周囲には同じように性欲を持て余す異性(及び同性)がいるが、彼等彼女等は一部の例外を除くと「手近な相手」を処理相手とする事に抵抗を抱き、自分よりも年上の相手を求める傾向がある。 その為、「過剰性欲が教育に影響を与えないように処理する担当」として女教師が登用されるようになった。日本の公的機関において「性差を持たせる呼称は好ましくない」とされるため、単に「教師」と呼ばれることもある。ただしこの場合は女性教師と更に混同しやすくなるという問題点がある。

活動[編集]

女教師は教育機関勤務という形式であるため、学校教育に支障が出る事がないように性欲処理は放課後や昼休みを使うことが多い。授業時間中は教師として活動するが放置プレイとして「廊下立ってなさい」と言ったり、パンチラ淫語で間接的な処理を行う。

恋愛感情を伴うような性欲処理は後の人間関係に差し支える為、行為としては刹那的/強引な行為が多い傾向がある。複数名の相手を同時に処理するため疑似レイプ的輪姦などを行わせる事もある[2]。また奥手な生徒に対しては疑似逆レイプをしたりもする。

女子生徒に対しても男子生徒と同じく性処理を行う。これはあくまで性処理が肉体的な物である事から、同性同士であっても問題ないという判断が成されているからである。

求められる資質[編集]

上記の通り男女を問わず相手にする必要があるため、ノンケの場合は男子生徒に対して処理が片寄ってしまい教育機関としての公平性を侵害してしまう恐れがある。
常に性処理を考えていられるほどポジティブでなければ、この業務は勤まらない。明るく楽しめる方が有利である。
ナニをするにも体力である。精力を振り絞るにも体力が無ければ始まらない。
  • 医学的に女性である。
残念ながら男性は女教師にはなれない。男性の性処理担当官は存在しない。男の娘である教師が男子生徒に犯されるというのも良いものだが、残念ながらそれは違う話である

脚注[編集]

  1. ^ 両者を兼任する女性も存在するが、数は多くない。[不要出典]
  2. ^ あくまで疑似であり、その後法に訴えることはない。極稀に、本気で訴える女教師もいるが。

関連項目[編集]