Vii

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
威力棒Viiから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Vii」の項目を執筆しています。
「买啊!全力支持国产游戏.画面也不错!」
Vii について、中国人
某ゲーム機に見えるのは気のせい。

Vii(ヴィー、Weilibang)とは四千年ものアレな歴史をもつ中国のLetVGOによって作られた準国産兵器である。威力棒とも呼ばれる。

概要[編集]

値段は986元(約1万5000円)。中国を含む日本以外のアジアではWiiは公式には発売しておらずオークションサイトなどで米国版や日本版が3000元(約4万6000円)などで手に入れることができるがそれに比べると格安だ。同社マーケティング部門を率いるTom Xu氏は「Wiiに似ていると思われるかもしれませんがVii威力棒はプロフェッショナルなゲーム機ではなく、インタラクティブな身体の動きでゲームをしたい初心者ユーザーが対象となり、格安で提供されます」とコメントしている。

名称に意味は特にない。しかし世の中にはこのViiがWiiとかいう日本製兵器と似ているという者がいるが、それはただのいいがかりである。しかし『威力棒』などという別名は何とかならないものか。全国の猛り狂った兄貴たちが何かやらかしそうで嫌だ。

また、WiiにおけるMiiのようなアバター機能に関しては、Viiにおいてもその存在が噂されており、その名前はヴァリオとガリオで言うところのヴァリオ側のような感じで『∧!!』というのではないかと言われているが、いくらなんでもその名前は読み方が分からないし無理があり過ぎるとの反論もある。

操作[編集]

威力棒Viiにおけるゲームの操作には「viiリモコン」が用いられる。ポインタや三軸検出センサーを搭載し、直観的なプレイが可能である・・・といいたいところだが、Wiiとは違いポインタは搭載されておらず、三軸検出センサーも一応搭載されてはいるものの、感度が悪すぎて遊べたものではない。

また、リモコンに接続できる追加の装置としてはWii同様に「ヌンチャク」が挙げられる。これをviiリモコンと接続すれば、これでキミもブルースリーだ!…といいたい所だが、Wiiとは違い諸事情によりこの機能は未装着になっている。

データディスク[編集]

ViiはLetVGOのもつハイテク技術によりデータを本体に内蔵することに成功した。そのため、Wiiとは違いわざわざデータディスクを交換するなど面倒なことは必要ない。また、ViiはWiiとは違い諸事情によりバーチャルコンソールによる旧兵器との互換性はない。ただそれはもとより旧型兵器が存在しないという意味ではない。

外部リンク[編集]

この項目「Vii」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)