売春婦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
娼婦から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「売春婦」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

売春婦(ばいしゅんふ)とは、世界で最も古いとされる職業の一つ。

概要[編集]

かつて天文学や気象学の類いが存在しなかった時代、季節や日の出などの自然現象は「勝手にやって来るもの」ではなく「呼び込むもの」とされていた[要出典]。特に冬季になると太陽が殆ど現れなくなる地域ではそれが強く信じられ、生け贄や供物を積んでに祈りを捧げる事で太陽を呼び戻そうとする土着信仰が広範囲に渡って存在していた[要出典]。例えば古代マヤ文明では、冬の到来は太陽の衰弱とされ祭壇で心臓を抉り出し捧げる事で太陽を活発化させ春を呼ぼうとする儀式が行われていたとされている。

売春婦はその中にあって、人間と自然を合一させた価値観の中で生まれた職業。人間が心身ともに活性化する事で様々な困難に立ち向かえるように、自然もまた同じように活性化させられるのではないか、と考えられた事から発している。具体的には男性の身体を天地に見立て、日が沈むように萎えてしまった男性器を刺激し活力を与え[1]、生命の源である精液を射出させる事で「雪を取り払い、暖かな春を迎える」という意味合いを与えている。厳しい冬から穏やかな春へ移行する、というのもセックスの快感順路に沿ったものであり、冬の間は売春婦が様々な場所で持て囃されていたとされる。

これは古事記における天岩戸の逸話の原型にもなっている。太陽の神である天照大御神が岩戸に籠ったのは冬の到来であり、岩戸は即ち女性器。剛力のタジカラオが強引に引き開けて天照大御神を外へ連れ出し暗闇を光で満たした、というのは「春は呼ぶもの」という考えを示している[要出典]

歴史と売春婦[編集]

先に上げた通り土着信仰として地域に浸透してきた売春婦だが、中世に入りキリスト教が勢力を伸ばす中で各地の土着信仰が「邪教」として駆逐されていき、売春婦も本来の意味を考慮されず「穢れた性奴隷」として排除の対象となってしまった。キリスト教文化圏ではそもそも「快感」自体が悪魔の産物とされるため、売春婦は存在さえ認められなかったのである。

日本ではそういった排斥こそなかったが、独自の天文学や気象学の発展により春は呼ぶものではないと早い内に分かってしまったため売春婦は需要が少しずつ失われていき、歩き巫女など違う形態へとシフトしていった。

その後現代日本でも売春婦は法的に「存在しない職業」となっており、売春婦自体が歴史から失われつつある。

脚注[編集]

  1. ^ これを「春のような状態に戻す」という意味で「回春」とも呼ぶ。

関連項目[編集]