婦警

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「婦警」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「婦警」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「婦警」の記事を執筆しています。

婦警(ふけい)とは婦人警官の略称であり、警察組織内において主に広報業務に従事する女性従業員を指す。

概要[編集]

広報活動中の婦警さん。

婦警という呼称はかつて女性警察官全般を指していたが、平成12年の男女雇用機会均等法改正に伴い警察組織内の女性勤務者が「女性警察官」に改められてからは広報を行うコスプレスタッフ等を指して使われている[要出典]。また、性的被害を受けた女性へのケアや、女性被疑者への身体検査も担当することがあるため雇用に関しては一定の技能が求められる。

婦警に求められる技能は上記のメンタルケアスキルの他、職務の潤滑化地域住人への貢献などを円滑に行うための女子力なども必要とされる。また官給装備品の基準に合わせ、身長は150cm台以上体重45kg以上が外見基準とされている[要出典]。ただし外見の社会的評価が一定以下の場合、業務に支障を来すため基本的に雇用されない。尚逮捕術や柔剣道も必修だが、一般警察官ほど重視はされていない[1]

装備品[編集]

制服は基本的に女性警察官と同じであり、ブレザーにネクタイ・ミニスカート着用となっている。ただし広報活動の為に脱ぎ着する機会が多いため、制服の傷みが激しくローテーションはかなり早い。またスカートの下にズボンを穿くのは厳重な服務規程違反に辺るが、季節や状況によっては着用許可が下りる事も希にある。

拳銃や警棒などの武装も携帯しているが、使用機会は少ない。ただしこれは日本の警察官全般がそうであり[2]、婦警に限った話ではない。また広報活動時に使用するゴム性防具も携帯しているが、使用機会を逃してアクシデントにより寿退職する婦警も後を絶たず業界内で問題視されている。

脚注[編集]

  1. ^ いざとなれば必殺の「この人痴漢です!」が炸裂する。
  2. ^ 日本の警察官において、最も多い発砲理由は「自殺」であり次点が射撃訓練だと言われている。

関連項目[編集]

この項目「婦警」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。