子供につけてはいけない名前一覧

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

近年、命名権があるのをいいことに、子供に奇怪な名前をつける親が増加の一途を辿っているという。その命名理由たるや、「近代的な響きの名前がいいから」「カッコイイと(自分が)思ったから」「ありふれたような俗っぽい名前じゃ嫌だ、私の子供はあなたとは違うんです。」など、独りよがりなものばかりである。そうして親の醜いエゴイズムと狂った美的感覚が露になった珍名を付けられた子供は、様々な局面でその珍名を嘲笑われ、あるいは同情の眼差しを向けられ、その恥辱に耐えながら、一生その名前を背負って生きていかなければならなくなる。そういった子供を増やさないためにも、子供につけてはいけない名前一覧 (こども - なまえいちらん) をここに列挙する。

子供につけてはいけない名前[編集]

日本に住む以上、このような名前は子供につけてはいけない。
金太
まぁ・・・わかるよね?守ったり、回ったり、瞬いたり、マスカットナイフで切ったり、「まだ?」といわれたり、マカオに着いたり、ましなビルを見たり、神田さんを待たせたりしたらそのつどからかわれる。いいね?
太郎一郎)、次郎、三郎
古くから伝わる一般的な男子名である。しかし、西洋かぶれ、というか外国に対するコンプレックスに塗れた人間が増えた昨今では、太郎や一郎などは古臭い、田舎臭い名前という印象をもたれている。またいかにも適当に付けた名前だと思われる事も多く、たとえ想いを込めて「太郎」「一郎」などと名付けても、周りからは適当に名付けられたかわいそうな子供と侮蔑の混じった視線で見られ、学校では田舎者と呼ばれ虐められるだろう。
ちなみに太郎という名前が有史上に登場したのは、嵯峨天皇が第一王子に名付けたのが初見と言われる。このため、「仁」の文字と同様、イデオロギーに敏感な人間からは「子供に~郎と名付けるなんて、あの親はキチガイの極右か」などと偏見を抱かれ、また右翼団体からは迫害を受ける可能性もある。
~男、~雄、~夫、等
芳男、正男、孝雄、英夫勝男康夫など、多くの男性に見られる名前である。しかし、ジェンダーフリー運動が盛んになった今日、「~男」と言う名前は「男であることを強調しすぎている」、つまり男女差別を助長しているとして忌避する傾向が強い。女子名によくある「子」という文字は、男子、女子というように男女双方に適用可能だが、「男」や「雄」や「夫」は男子のみを示す字である。フェミニスト達を怒らせないためにも、これらの文字を含む名前は付けないほうが賢明である。
麗子
「麗子」という名前を聞いたとき、普通の人は「お嬢様な美人」を想像する。そして、登場した本人がそれほどでもない場合の落胆は、他のどのような名前よりも大きい。自分ならびに配偶者の容姿と財力に非常な自信があり、娘が将来名前に違わぬお嬢様美人になることが確約できない限りは避けるべきである。
かなこ、かよ、まり、いくこ、等
将来、「かなこ」と「かよ」は「大場・大庭(おおば)」や「浅羽(あさは)」、「まり」は「小田・織田・尾田(おだ)」、「いくこ」は「設楽(したら)」という苗字の人と結婚しにくくなるので、娘の婚姻先を狭めたくなければ控えるのが賢明である。
亜美
「亜」の字は、「亜種」「亜鉛」などでもわかるように「~に次ぐ」「~に近いけどちょっと違う」といった意味合いがある。要するに、「亜美」という名前は「美に近いけど美じゃない」≒「ちょっとブス」という意味になってしまう。「その方が萌える」というマニアに好かれるような娘に育てたいのでない限り、避けるべきである。
麻衣
「麻衣」には「喪服」という意味がある[1]。「喪服が似合う女の子に萌える」というマニア向けの(ry
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「湯女」の項目を執筆しています。
ゆな(優奈、由那、由奈、等)
一見かわいらしいし、たまに見る名だが「湯女」(ゆな)とは日本古来の売春婦のことである。なのであんまりおすすめできない。
ひな(陽菜、日菜、日奈、等)
よく見られる名前だが「ひな」とは女性器の隠語を指すのでお勧めは出来ない。
希美(のぞみ)
「希望」という文字から「希」はなんとなく良いイメージがあるが「希」単体の意味だと「めったにない、少ない、珍しい、うすい」という意味になる。「希美」だと「少ない美」とも取れるので避けた方が良い。
なち
ナチスは英語ではNaziで「ナチ」と発音する。外国人(特に英語圏やドイツ語圏)と交流する際は注意。
太満(たま)
漢字からして悪そうな名前だが、読みがなを見ると更に酷い名前だという事が分かる。自分の子供にその名前を付けた翌日から世間の見る目がガラリと変わる事間違いなし。
満子(みちこorみつこ)・鎮子(しずこ)
名前的には「~子」のシリーズであり悪くはない。しかしこの名前を音読みすると・・・。
凛(りん)
2004年ごろから、魔術師など女性名として多用されるようになっているが、水泳選手テニス選手など男性も名乗っていることにお気づきだろうか? 凛という漢字は、サンスクリット語のリンガに由来しシヴァ神の象徴ともいわれる。ぶっちゃけ、ちんこ。2010年代では女性名のほうが有名なせいで男女とも性転換いじりのいい標的である。
Construction.png この節はまだ工事中ですが、人員が足りていません
そこのあなたこの工事を手伝っていただけませんか?(Portal:スタブ)

例外[編集]

しかし、子どもには縁起のいい名前をつけるべきという常識も所変われば考え方も変わるもので、モンゴルなどでは子どもが悪魔にさらわれたりしないよう、あえて忌まわしい名前をつけて育てることで悪魔がその子を人間と認識しにくい工夫をするべきと考えられており、モンゴルの子供たちの名前を並べてみるとそれはもうひどいものである。以下はその一例である。

もちろん、これらの名前は成人とともに改名されるので安心である。大丈夫、もう悪魔にさらわれたりはしないだろう。

関連項目[編集]