子子子子子子子子子子子子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「子子子子子子子子子子子子」の項目を執筆しています。

子子子子子子子子子子子子とは、解読が難しい日本語である。

これを小野篁(802-853年)[1]は「ねこのこ こねこ ししのこ こじし(の子 子猫、獅子の子 子獅子)」と読んだと伝えられている。しかしながら、現代的な各種のアプローチで解読を行うと、様々な側面が浮かび上がる。

漢字「」の読みとしては、「こ」「し」および干支の「ね」が代表的である。しかし、その他にも「椅子」(いす」の様にまれな例であるが「す」と呼ぶ場合がある。以上から、「子」には合計4種類の読み方「こ・し・す・ね」(濁音化するケースは省略)があることになる。これをもとに以下に解説を行う。

数学[編集]

4種類の読みを任意に選ぶ場合、12文字の配列になると 412 = 16,777,216 通りの読み方が選択できることになる。もちろん、意味が不明なものの方が意味が通るものよりはるかに多いとは言え、後述の国語的アプローチで言及するように様々な文ができあがることになる。

また、小野篁のように任意の場所に「の」を挿入するとなると、その挿入箇所は11箇所ある。「の」挿入のパターンは 211 = 2,048 通り(各箇所に挿入するor挿入しないの二者択一)である。

先の読み方と「の」挿入の組合せを同時に試すとなると、16,777,216 ×2,048 = 34,359,738,368 (343億5973万8368)通りの読み方ができることになる。

国語[編集]

読み方の中には「しね しね しね しね しね しね」などと穏やかではないもののあるが、「すこしねこ すこしこねこ ね!」など可愛い読み方もできる。やはり、読み方は各人の感性を反映することが、以上の例で見て取れよう。

なお、「こ・し・す・ね」を組み合わせてできる単語は、「しし」だけでも「獅子・猪・志士・四肢・嗣子・士師・死屍・市史・詩誌…」、「こし」ならば「腰・輿・越・古紙・虎視・古史…」、「すし」ならば「寿司・寿し・鮨…」など、多岐にわたる。

このことから「子子子子子子子子子子子子」解読コンクールを行うとすれば、無限に近い数の文章ができあがることは想像に難く無い。

余談ではあるが、同様に多数の解釈が可能な文として「うらにわにはにわにわにはにわにわとりがいる」が有名であるが、この文の場合には800通り以上の解釈が可能である[2]

理科[編集]

数学的および国語的な解釈を引きずると限が無いので、ここでは小野篁の解釈「猫の子 子猫、獅子の子 子獅子」のみに限定して話を進める。当時も現代も、日本には「獅子」つまりライオンは(現代の動物園を除いては)存在していない。しかし、一方で日本には「(しし・いのしし)」は普通に存在しており、現在でも「人が猪に襲われた」ニュースや、猪の子(瓜坊)のニュースが流されることも少なくない。

では、なぜ篁は日本に存在する「猪」ではなく、存在していない「獅子」を例に出したのであろうか?

答えは篁本人が既に故人であるために確かめることは困難であるが、ここでは『ネコ科動物として、猫を思い出した後、連想として獅子(ライオン)を想像した』という説を取り上げたい。技術立国たる日本は、平安時代の昔から、猫とライオンを同じネコ科動物に分類するだけの科学的要素があったのである。

社会[編集]

小野篁という人物は、小野妹子の子孫であり、小野小町と小野道風の祖父であるとされている。小野小町の出身地としては、各説があるが秋田美人の代表という説も有力である。このことから、小野篁も秋田に縁がある可能性があり、もしも秋田弁を話していたとしたら、冒頭の文も「ねこのわらしっこ わらしねこ  すぅすぅのわらしっこ わらしずぅし」と読んでいた可能性も否定できない。

脚注[編集]

この項目「子子子子子子子子子子子子」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)