学校の怪談

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「学校の怪談」の項目を執筆しています。

学校の怪談(がっこうのかいだん)とは、全国の学校(主に小学校、たまに中学校など)で語られる「恐怖のエピソード集」である。

概要[編集]

全国のあちらこちらの学校で、この手の話は存在する。しかし、場所が変わればその怪談の根拠も内容も変わるはずなのに、実際には余り変わらなかったりする。また、話の数も概ね7つに揃っている。そのためしばしば「七不思議」などと呼ばれる。

全国どこでも語られる典型的な話として、以下がある。あるデータによれば、8割以上の学校でこれに類似した話が伝わっているという。

総じて、全国どこでも学校を建てたものは生徒を脅かすべく、事前にわざわざ(意義不明の)工作活動をしているということになる。身も蓋もない言い方をしてしまえば、生徒に夜中に学校に来てほしくない先生が、適当なホラ話をでっち上げているだけである。「先輩の生徒に聞いた」と証言する生徒も中にはいるかもしれないが、それとて話の出所を辿っていけば、真偽不明の単なる噂か嘘だということがわかる。

  • この学校は墓地を潰して建てられた
  • 絵のベートーベンは必ず夜になると顔が濃くなる
  • ピアノは夜になると、必ず音を立てる
  • 人体模型は夜に疾走するか、密かに移動する、表情を変える
  • トイレには、絶対長髪の少女が隠れている
  • 階段の段数は、夜になると一つ増える
  • には、変なものがよく映る

他に、「二宮金次郎の銅像が歩く」というものもある。どれもこれも、直接的な危険が人に及ぶようなものではないことがわかるだろう。要するに生徒を怖がらせたいだけの子供だましである。そんなくだらない話に勇敢な我々アンサイクロペディアンが……おっと電話だ。

「わたし、メリー。今、あなたの家の前にいるの」
それだけで切りやがった。イタズラか?おや、まただ。
「わたし、メリー。今、あなたの部屋の前にいるの」
部屋の前だって? 恐る恐るドアを開いたが……なんだ、やっぱり何もない。イタズラだよ、はは……。
「わたし、メリー。今、あなたの後ろにいるの」

関連項目[編集]