学歴コンプレックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「学歴コンプレックス」の項目を執筆しています。
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

学歴コンプレックス (英:Educational Career Complex) とは、広く見られる精神症状の一つである。日本においては厚生労働省の認定する指定精神疾患の1つである。

特徴[編集]

学歴コンプレックスを発症すると、以下のような症状が見られる。

  • 他人の学歴を知りたがる
  • 大学教育を否定する
  • 大学批判を繰り返す
  • 高学歴の新入社員を虐める
  • 賢いように振る舞う

このように、高学歴に対して異常に攻撃的な精神状態に陥るのが学歴コンプレックスの症状である。

原因[編集]

複合的な要因が絡んでいるが、主に良い高校大学に入学したかったのに、自分の実力が不足していたために入学できなかった、というケースが散見される。

「良い高校や大学に入学したかった」という点で、先天的に勉強に興味の無い層とは明確に区別される (高学歴志望欠乏症も参照) 。

治療[編集]

広く行われている治療方法として、学歴ロンダリングなどが挙げられる。

また、自分の子供を厳しく教育し、高学歴にすることで、補償することが可能である。しかし、 (遺伝的な要因で) 高学歴以外が後天的な学歴を習得するのは困難を伴うため、この治療方法は必ずしも上手くいくわけではない[独自研究]

関連項目[編集]