安田好弘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

安田 好弘(やすだ よしひろ)とは、社会でまともに生きていくことが出来なくなってしまった少年少女達の最後の受け皿となってくれるセーフティネットである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安田好弘」の項目を執筆しています。

概要[編集]

安田は弁護士であり「自分は弱い者、恵まれない子供達の味方」であると自負している。

家庭環境があまり裕福でなかったり、虐待されて育ったりした子供は、押しなべて人格がどうしても歪んでしまうものである。ごく一部、過酷な少年時代を耐えて努力して成功したなんていうサクセスストーリーが存在し、大衆は馬鹿騒ぎをしてそのサクセスストーリーを礼賛するが、そんなものはレアケースで、大半の場合、他の恵まれている子供達と自分を比べたりして羨望や憤怒、ストレスを感じていき、暴力や薬物といった逃避へ傾倒してゆく。安田弁護士は、そうした狂ってしまった子供達に出される最後の助け舟である。


セーフティネットとしての実績[編集]

庇護を受けるための代償があまりにも大きいが、その分安田のセーフティネットとしての信頼性は高い。悪名高い名古屋アベック殺人事件においては、その犯行の悪質性からどう考えても死刑以外ありえないとされていた主要犯行少年達の死刑を回避することに成功し、その後も彼らを積極的に庇護してくれている。また光市母子殺害事件においても、牛歩戦術などを駆使して犯行少年の延命に貢献している。またオウム真理教麻原彰晃に対しても積極的に擁護した。