安達泰盛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安達泰盛」の項目を執筆しています。

安達 泰盛(あだち やすもり)とは、鎌倉時代の武士、御家人。北条時頼から北条貞時の代まで鎌倉幕府の重鎮として枢機に参与したが、最期は政敵平頼綱と結託した貞時に滅ぼされた(霜月騒動)。武勇に長け、特に馬術は色々な意味で卓抜しており、かの兼好法師徒然草でその腕を礼賛している。

安達の系譜[編集]

安達氏は北条、梶原、三浦、比企、和田、大江氏などと共に源頼朝による鎌倉幕府の樹立に貢献した氏族の内の一つであったが、幕府黎明期の頃は当主の安達盛長が地味な人物だったせいもあってあまり目立つ事はなかった[1]。次代の安達景盛は打って変わってクセが強く権力欲に貪婪な人物で、幕府内における安達氏の影響力を積極的に高めようと躍進した。そのせいで他の御家人から讒言されて源頼家に殺されそうになったりしたが、安達氏の勢力は拡張され、執権北条氏、三浦氏に継ぐ権威を有するに至った。

景盛は自分の娘(後の松下禅尼、泰盛にとっては叔母)を北条泰時の子北条時氏に嫁がせ、その間に生まれ次期執権となる北条経時北条時頼の外祖父としてますます権勢を振るうようになった。

景盛の後を継いだ安達義景は温和な人物であり、政敵である三浦氏とも融和を推進していたが、「お前のやり方は甘い!」と出しゃばった隠居の景盛が策動して三浦氏は滅ぼされた。(宝治合戦

泰盛の生涯[編集]

泰盛はこの義景の息子で、この時既に元服(「泰」の字は「いい人」であった北条泰時からもらった)しており、宝治合戦にも参戦して武功を挙げた。泰盛は父義景ほどではないが「良き按配で物事を進める」を旨とする慎重なところがあり、祖父景盛の策動、合戦誘発は暴挙に過ぎるのではないかと考えていた。ある時祖父景盛に諫言をしたが、景盛に「俺が策動して合戦を起こさなければお前は武名を挙げることさえ叶わなかったかもしれないんだぞ。飛鳥尽きて良弓煮られるという言葉を知らないのか」と言われては反駁できず黙るしかなかった。宝治合戦での泰盛の活躍は目覚しく、景盛が三浦氏を挑発して合戦を起こしたおかげで泰盛が名を馳せたのは紛れもない事実であったからだ。

何にせよ、政敵三浦氏を滅ぼした事で、幕府における安達氏の権勢は磐石となった。宝治合戦の翌年、それを見届けた景盛は大往生を遂げる。それから数年後には泰盛の父義景も逝去し、名実ともに泰盛は安達家当主として執権を輔翼してゆくこととなる。

泰盛は評定衆などの要職を務め、北条時頼長時政村時宗貞時の五代に仕え、政治、外交、裁決などに辣腕を振るった。特に時宗には一番長く仕え、妹を嫁がせた義兄弟の中であり親密な関係にあった。建長~弘安のこの時期はモンゴル帝国の来襲という外患とその対抗策、朝廷の内輪揉め気違い坊主の辻説法などがあった激動の時代で、泰盛を初めとする幕僚達はその処理に悩殺された。

泰盛と時宗は政治の方針などを巡って度々対立することがあった。時宗は2代執権北条義時の直系である所謂「得宗」に権力を集中させるべきという考えを持つのに対し、泰盛は御家人達と連帯して幕府の舵取りを進めるべきだと考えていた。時宗の近習から成り上がった「御内人」こと平頼綱が台頭するとその対立は一層顕著となった。泰盛と頼綱はあらゆる点で水と油の関係にあり、時宗という紐帯で辛うじて繋がれている状態であった。しかし、二度目の元寇を退けて間もなくその時宗は逝去し、貞時が執権職を継承する。頼綱の妻を乳母としていた貞時には、当然のことながら頼綱の教唆がかかっていた。それを抜いても貞時自身にとって、泰盛は目の上の瘤の如く煩わしい存在であった。遂には貞時と頼綱が結託して狼煙を上げ、泰盛は安達一族と共に滅ぼされた。

人物像[編集]

『徒然草』によると、泰盛は馬術に卓越しており、馬を見る目に長けていたという。荒々しい駿馬が垣根を軽々と飛び越えると、「この馬はいささかいきり立っており危なっかしい、屁夫の勇という名言もある」と言って鞍を変え、図体はデカイが動きがやや鈍重な馬が垣根に躓くのを見ると、「コイツはガタイが良いだけで魯鈍すぎる。独活の大木にすぎない」と言ってこれまた鞍を変えさせたという。兼好法師は「一流の人物たるもの、少し口煩いほどまで精査、吟味して決めるものだ」と言い、泰盛の審美眼を称賛している。[2]

泰盛は北条重時の娘を妻としていたが、この妻を平頼綱が寝取ろうとした事があった(これは後の泰盛と頼綱の対立の一因となった)。頼綱は泰盛の妻をしきりに誘惑したが、結局泰盛夫人には「私が見るところ、貴殿が殿方より 手綱裁きが達者とは到底思えませぬ。この早漏め[3]」と、屈辱的なセリフで拒絶されてしまったという。[4]

だがいかに手綱裁きが上手な泰盛とて、平頼綱と北条貞時[5]という、二頭の暴れ馬を同時に制御することは不可能だったようだ。ましてやその二頭がグルになって自分目掛けて突進してきてはたまったものではない。

泰盛という名ジョッキーを失った暴れ馬は、この後谷底へ一直線に暴走してゆく事となる。

評価・印象[編集]

素晴らしい政治家だと褒める人がいる一方で、ただの急進派の政治屋じゃないかと嫌う人間もいる。実際、彼をただの急進派の政治屋だと嫌う人間達が平頼綱と結託して霜月騒動を起こしたのである。 しかし、政治家として有能であり、また人格もまあそこそこ優れていたのは確かだったらしく、竹崎季長は彼から受けた恩義を生涯忘れられず、蒙古襲来絵詞に泰盛が御家人たちの言い分を聞いてきちんと恩賞を与えてくれたことを絵にして描いている。もっとも、蒙古襲来絵詞はお絵かきの才能なんかまるでない竹崎季長が誰かに代作させたものなのだが。

注釈[編集]

  1. ^ もっとも、影が薄かったお陰で梶原景時和田義盛のように粛清されずに済んだわけだが
  2. ^ これには異説もあり、兼好の言う馬というのは女(とりわけのしまり具合)を指す隠語であり、泰盛は早くイキすぎる女も頑健すぎる女も嫌う、女、性行為に五月蝿い「美食家」だったことを兼好は言わんとしているのではないかとも言われている。
  3. ^ 頼綱がなかなかの好色家のくせに早漏だったのは有名な話。同時代の有識人が残した日記の殆どに頼綱の早漏を嘲笑う記述がある。
  4. ^ とはずがたりのどっかに書かれてたような気がする
  5. ^ ちなみに貞時は、この後頼綱すらも陥れて一族もろとも滅ぼしてしまい、さらには同じ北条一族の北条宗方北条時村北条師時らを殺し合わせるなど、粛清の嵐を巻き起こした。かの朱元璋もビックリの暴君である。