宗尊親王

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宗尊親王」の項目を執筆しています。

宗尊親王むねたかしんのう、仁治3年11月22日(1242年12月15日)-文永11年8月1日(1274年9月2日))は鎌倉幕府第6代の将軍さんにお成りあそばした日本親王さんおもうさん後嵯峨天皇弟さん後深草天皇亀山天皇。初めての皇族将軍で、歌人としても高名であらしゃいます。

来歴[編集]

おかかさまが身分の低い家の出であったため皇太子にはなれず。摂家将軍·九条家の失脚により皇族初の征夷大将軍として野蛮な東国に下向させられるハメになる。しかし将軍とは名ばかりで、扱いは執権北条氏のロボットであった。やさぐれて詩歌に耽溺する親王さん。このような鎌倉での生活で親王さんのストレスゲージは日に日に高まり、次第に喋っている途中で突然笑い出す(突笑)などの精神疾患症状が見られるようになった。やがて正室の近衛宰子が僧侶と不倫した疑惑が、どういうわけか将軍謀反の疑いへと転じ、北条時宗さんの主導で将軍職を電撃解任される。そもそも将軍が家来の執権北条氏への謀反という言葉の意味はよくわからんが、とにかく京都へ夫婦そろって強制送還させられた。(次の将軍には、まだ3歳の嫡子·惟康親王が就く)

この状態で五秒停止。合掌(でもこのシーンて、江戸時代の月代を剃った時代のカツラを流用しただけだよな?)

これで宗尊親王さんの政治生命は潰えたかと思われたが、復讐の鬼と化した親王さんは不死鳥の如く蘇り、京都で暗躍。この後の親王さんの政治活動は執権さんである時宗さんいじめを中心に行われるようになる。時宗さんの異母兄·時輔さんや、名越時章さん·教時さん兄弟などを取り込みクーデターを引き起こす(二月騒動)も壮絶に失敗。あわれ、出家させられ、失意のうちにお亡くなりになりました。コーン。親王さんは蒙古襲来の約2か月前に亡くなったのだが、蒙古襲来対策に専念したい時宗さんにとっては大変に都合がよく、その真相はうわなにをするやめr?。

雑記[編集]

  • 24時間、いつ、どこで、誰とでも和歌を詠むハードコア歌人
  • 字が綺麗だとみんなからよく褒められた。
  • 誰彼構わず『さん』付けしたがるのが彼らの仲間内でのブームであった。
  • なんとも表記しづらい特徴的な笑い方をする。あえて字を当てるなら「うぇへぇふゃふぇヘゃふぇふぇへへへへへうぇへぇへ」て感じ?
  • 奥さんが怖い。面白うないことを言うとどやされるので戦々恐々。
  • NHK大河ドラマ『北条時宗』でのあまりに衝撃(笑撃)的な描かれ方に、本当はこんな人物じゃねぇ!との批判を受けたが、でも面白いからよし、という意見が大多数を占めた。また同ドラマで親王さん役を演じた吹越満さんの怪演は今でもマニアの間で語り草となっている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 宗尊親王三百六十首
  • 宗尊親王御百首

アルバム[編集]

  • 瓊玉和歌集
  • 柳葉和歌集
    • 大ヒットシングル『宗尊親王三百六十首』と『宗尊親王御百首』を含む初のベストアルバム。1261年~1265年までの作品を網羅。
  • 竹風和歌抄
    • 帰京後発表したセカンドアルバム。1266年。
  • 中書王御詠
    • 自ら収録作品をチョイスしたセカンドベスト。1267年。

オムニバスアルバム[編集]

獲得タイトル歴[編集]

関連項目[編集]

この項目「宗尊親王」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)