官僚主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

官僚主義(かんりょうしゅぎ)とは、面倒なことを可能な限り先送りするための合法的手段の体系もしくはその実践である。

役人根性の上位概念であり、その起源は古く大和朝廷の成立に遡ることができるといわれる。組織と、組織で働く人に優しいシステムであり、社会の発展と複雑化に伴い官庁のみならず多くの企業・組織で導入されるにいたっているが、不当に貶められることもしばしばである。ともあれ、組織内部においては便益が最大となる優れたシステムであり、組織外部からとやかく言われる覚えはない。

概要[編集]

霞が関にドンと構える官庁(主にお金を扱うところ)が採用するシステムのことである。責任を絶対に取らないことが基本命題であるとされる。また、既得権益は死守すべきものとされ、予算を100%消化してより高額の予算を獲得することが至上命題のシステムで、型にとらわれ、自由な発想ができない東大生のために築かれたシステム。何も考えなくてもテンプレートさえ覚えておけばすべて通る。

当然、自民党時代に築かれたシステムであるため、反自民の朝日新聞などから批判を受けることが多い。その影響もあり、自民党支持層に「反日」などとデマを言われる民主党により一度は打破されようとしたが、自民党政権を取り戻したために今日も残念ながらシステムは稼働している。

問題点[編集]

官僚主義の問題点は柔軟な、新しい発想が出てこないところであるが、そんな新しい発想を出す必要はなく、むしろ方向性を転換したせいで万事が狂った事例もあるため大した問題はないと言える。

それ以前に官僚が腐っているために問題だ、と主張するあの新聞この新聞そのニュース番組などがあるが、それらは全てぼくの考えた妄想洗脳記事・放送かのどちらである可能性が極めて高い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「官僚主義」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。


この項目「官僚主義」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)