宮小路瑞穂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「処女はお姉さまに恋してる」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「本田透」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「本田透 (フルーツバスケット)」の項目を執筆しています。

宮小路瑞穂(みやのこうじ みずほ)は正体不明の人物。別名本田透某漫画金髪ツインテールは彼の別人格。

女装癖[編集]

宮小路瑞穂とは、女装癖のある人物と言われている。年齢不詳。身長は自称173cm。当然ながら下着を見てもスジは無い。お姉さまと言うよりおネエさまな人。「日本大賞2006」では、東鳩2の向坂環とともに大賞を受賞している。

この軍団は「我々姉属性は年上の優しい心の持ち主に惚れるのが本質ではなかったか!」「染色体の違いが何だ!」「瑞穂お姉さまを「」と呼べるのか?答えはノーだ!」と主張した。当然学院最高の人気を誇る[1]

魔法使い[編集]

瑞穂は魔法使いとも言われる。どうやって魔法使いになったかは、あまり追求しないでおきましょうね。オタク男性としての経歴を持つときは、公称1969年5月12日生まれ。だが、女性に魔法で変身したときは、1982年5月生まれということになっている。高校2年生の教室に侵入したときの身長は156.7cm。エターナルフォースブリザードの一種ファイナルタクティクスハイドを操ることができるとも言われる。阪神タイガースファン。料理が得意で英語物理が苦手。

女性としての経歴は1982年5月、兵庫県神戸市出身。1985年父親が病死。お宅男性の経歴では蒸発したとされる。1995年阪神・淡路大震災で男性としての経歴では家を失う。1998年5月1日母親が事故死したと女性の姿で言った。男性の姿では母親は病死と言った。その後女性の姿でビル清掃のアルバイトで自活する。高校中退後、レイプサークルスーパーフリーのある早稲田大学を男性の姿で卒業した。2004年に「キモメン王国」を建国し、王国の王となった。

二次元萌えを主張しエロゲーキャラクターを「脳内妻」にして、脳内妻やなどと暮らしているという。一方、実は2003年頃に女性の姿で旦那と結婚しているとか言われる。実は息子もいるとか。なお、2001年には「本田透萌え」「嫁にしたい」「本田透は無意識に男を誘う淫売だから萌え」と言われている[2]。これは彼女の魅力に魅惑された男性らの狂気である。

関係の深い人物[編集]

  • 堀江由衣 - 宮小路瑞穂および本田透がテレビ出演する際は彼女が声を当てるのが通例となっている。

関連項目[編集]