家入レオ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
家入レオ
分類
: 動物界
: 脊索動物門
亜門 : 脊椎動物亜門
: 哺乳綱
: ネコ目
亜目 : ネコ亜目
: ネコ科
亜科 : ヒョウ亜科
: ヒョウ属
: leo
亜種 : ieiri
学名
Panthera leo ieiri


「人を信じよ しかしその百倍も自らを信じよ」
家入レオ について、手塚治虫
「俺もレコ大捕りたいニャ〜。」
家入レオ について、なめ猫

家入レオ(1994年12月13日 - )は、日本に住む歌手でもあるネコ科珍獣である。

概要[編集]

もともと、西鉄ライオンズの本拠地[1]福岡県久留米市に生息していたが、2011年に、「ライオンズが西武ライオンズになったのに、自分は福岡にいるなんて変だ」と思い、東京へ移動。 そのとき、「ライオンズは福岡にあるべきだ」と思っていた父[2]から勘当される。 そして、その1年後に、「サブリナ」でデビューし、「釣り目でパンクな珍獣」として一躍スターとなる。

人間界のなめ猫こと、尾崎豊を尊敬している。ネコ科同士で気が合ったのだろうか?

彼女の2ndアルバム収録曲の、「a boy」は、彼女の人生を描いた一大ドキュメンタリーであり、実際の過去の映像を使い、プロモーションビデオが制作されている。

ちなみに、西武ライオンズでも、ソフトバンクホークスでもないが、日本ハムファイターズ武田久投手の入場曲は彼女の歌う「Shine」である。

性格[編集]

実は「バイオネット」という組織によって無理矢理改造されたサイボーグであり、そのこともあってか、一時期は粗暴な性格であったが、現在では、意外にも謙虚な性格であり、口癖のように「自分の幼稚さ」という言葉をブログで使う。しかし、百獣の王でありながら謙虚なその性格も多くの人々に支持される理由でもある。

百獣のつながりからか、その謙虚さからか、とも仲良くできる。ほんと癒されるわ。

しかし、それは悪い奴らは許さないということでもあり[3] 1stアルバム収録曲「Linda」では、悪い奴らに対する敵意を剥き出しにしている。ああ、さすがは百獣の王。

歌手としての彼女[編集]

普段は普通の高校生であり、印を結ぶようなポーズをとって「You can shine!」と唱えると、「愛情剥奪のマイク」に施された鎖による封印が解け、そのマイクを引き抜いて構えて「We get shine!」と唱えることで、歌手・家入レオに変身する。変身後の必殺技は、「愛が欲しくて寂しい状態」を爆発させた「サブリナ」、「人生の輝き」と先述の通り日ハムの武田投手の力を得た「Shine」、そして幼少期の恐怖の感情を力に変えた「Bless you」。2013年には高校卒業と同時にレベルアップを果たし、「明日へ向かって一緒に歩いていきたい」という思いを新たな力に変えた「Message」や、「自分が大切な人にどういう気持ちで接しているのか」という思いを女神の力を借りて奏でる「太陽の女神」、小学校時代の好きな人への思いをセイレーンの調べに乗せた「チョコレート」、7つ集めると願いがかなう球の力を授かった「純情」、人間の愚かさの中に愛おしさを見出すことで発動する、「Silly」、2015年には「miss you」という新たな必殺技も手に入れている。

また上記の必殺技の他にも『LEO』や『a boy』、『20』などの複合技も存在する。

趣味[編集]

「最近ブログが読書感想文になってっぞ」
家入レオ について、ねらー

読書が趣味であり、ブログにも読んだ本の感想をよく載せている。それをねらーに指摘されたが、指摘したねらーは粛清されました村上春樹のファンで、彼をもっと理解しようと努力するがゆえに、「自分の幼稚さ」と言う単語を使ってしまったが、それを見た人には「すべて読んでしまおうとか、完璧に理解しようとかは、気負いすぎですよ」と言われた。 そのほか、スポーツジムにも通っており、そこで牙を研ぎながら、獅子の女王は今日も吠えているのであった。

脚注[編集]

  1. ^ 生まれたころにはもうすでに「西武ライオンズ」にはなってはいたが
  2. ^ しかし、西武ドームがあるのはダ埼玉である。
  3. ^ 勇者王ガオガイガーFinal」では、『ルネ・カーディフ・獅子王』というよく似た境遇の人が悪い奴らと戦っているが、これは偶然か、それとも…

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「家入レオ」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]