寂しさ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

寂しさ(さびしさ、loneleness)とは、病気の一種である。

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「寂しさ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

概要[編集]

この症状が現れるのは、友と別れて、誰もいない自宅に帰って、とりあえずテレビをつけて数分たったころであると言われている。また、ぴーのあと、人を殺してしまったときなどにこの病の発作が現れるという報告も入っている。 では具体的にどのような症状が現れるのだろうか。 まず、「自分はここにいて良いのだろうか。」という感情に駆られる。分かりやすく言えば、自分には何か任されている大きな仕事(ここでは使命と呼んでもいいかもしれない。)があってそれをしなければならないのではないか。こんなところで、グダグダしている暇はないのではないか。」とか「自分には世界を救うという重大な任務が与えられていて今すぐにでも実行しなければならないのではないか。」といったものだ。特に後者は中二病の前兆である恐れがある。注意されたし。なお、このような妄想に取り憑かれて、「ここにいてはいけない」という強迫観念に駆られ,どこへともなく旅に出てしまうが急増していると言われる。その行き着く先が行き場を失ったホームレスだということだ。

有名な患者[編集]

代表的な患者は以下の通り。

山下清
「ここにいてはいけない」と突然言い出し、パンツ一丁で旅に出た。
太宰治
エクストリーム自殺のやり過ぎで周囲の人間が全員死んでしまったため発症。薬物治療を続けた。

改善法[編集]

まず覚えておいてほしいのはこの病気に完治はありえないということだ。一度発症したら一生その症状と戦わなければならないということを覚えておいてほしい。だが、ある程度症状を軽くすることは出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。以下に軽減方法の一例を紹介する。

  1. 寂しさを発症する主な要因は対話する相手がいないからという説がある。対話相手を作るため、クローン人間を作成する。ただし、クローン人間は現在違法であり、見つかったら逮捕されるかもしれない。
  2. 上を見てくれれば分かると思うが寂しさを悪化させるものは想像力だ。よって患者のから想像力を司る部分(確か海馬だったか。)を外科手術により摘出する。ただ、代償として日常生活が困難になる。
  3. 特別な薬を服用する。これとか、これとかこれなんかが有効だ。服用すれば、寂しさなぞ一瞬で吹き飛んでゆくであろう。ただ、気をつけてほしいことがある。この治療を始めたが最後、君に希望ある未来は残されていないかもしれない。ほら、君は寂しさの発作以上に誰かに追いかけられているとか、殺されるとかいった感覚を覚えないかい?

関連項目[編集]

Makesophia.gif
執筆初心者のために、先輩風を吹かしたアンサイクロペディアンが「記事の書き方」を発表しています。


この項目「寂しさ」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)