富士急行線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。

富士急行線(ふじきゅうこうせん)とは、山梨県大月駅から富士山駅を結ぶ富士急行大月線と、富士吉田駅と河口湖駅を結ぶ富士急行河口湖線からなる路線の総称。富士リミテッドハイランドのアトラクションでもある。ここではどちらについても記述する。なおもう一路線、富士急アイランド行きの路線が存在するが、この路線については極秘事項となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富士急行線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富士急行」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「富士急行」の項目を執筆しています。

概要[編集]

富士急行が所有する路線。また、富士リミテッドハイランドのアトラクションでもあり、日本一のろい絶叫マシーンである。このアトラクションはJR東日本との直通運転があるものの、基本は大月~河口湖の運行である。乗車する乗客もにこやかで優しいものの、ダイヤ改正や自らに不便なことができると、その顔からは笑顔が消える。土地柄、観光客が多い路線であるため、特急列車のふじマウンテンリミテッドエクスプレスと呼ばれる電車の妖怪が運行されている。土日となれば増発されるが、乗客の中の小さい子はこの車両の恐ろしさに泣き出してしまうという。

ふじマウンテンリミテッドエクスプレスはJRから譲り受けた車両を使用しているためオンボロ車両を使用しているが、JR時代に内装も外装もリニューアルされているため、ボロさはあまり目立たない。

各区間の概要[編集]

富士急行大月線[編集]

この区間は、富士急行線のメインと思われる区間である。大月駅はJRの隣のボロい…ではなく歴史を感じる駅舎から出発している。この路線は、ペンギンやロボットが書かれたカードには対応していない。

大月を出るとすぐそこには上大月駅があるが、無人駅なので一部列車が通過する。上は高校のグラウンドであるため、上をのぞき込む不届き者が後を絶たない。

その次は田野倉駅だが、大月駅の次の有人駅であるがために、マニアが押し寄せる。理由は、大月駅で買えない連絡乗車券などを一番安く仕上げることができる区間だからである。委託駅になっているが、委託されている係員の人も苦笑いである。

さらに進むと妙に立派な高架線が見えてくる。これは火災帝国ことJR倒壊のリニア実験線である。 実験は何千回と行われているが、なぜか本線の着工に入らない。要するに、お国の許可がないのと、Moneyがないためである。

続けてかせい駅に到着する。ここにはNASAによる宇宙開発計画の一環として宇宙船発射用のカタパルトが建設された。しかし世界的不況のため、現在は中央自動車道として利用されている。

その次の赤坂駅に関しては、かつて東京メトロとの間で抗争が勃発したが、富士急行は刺客フジエスプレッソを送り込むことにより東京メトロの勢いを封じることに成功した。

都留市駅谷村町駅と都留市の中心地を通過する。なお都留市は、実態としては谷村町が周辺諸村を支配するという形態を取っているため、市役所の最寄り駅は谷村町駅の方である。

続けて都留文科大学前駅に到着する。この駅が新規開業する際に都留市駅付近の住民との戦いが起きた。このことは後述する。

十日市場駅 (山梨県)については、前述の赤坂駅同様、JR東日本との抗争が勃発したが、これは直通運転を実施することで講和が結ばれた。さらに山梨側から道志村横浜市に人身御供に出す案も出されたが、これは横浜市側の拒絶に遭い、無くなっている。

東桂駅三つ峠駅墓地駅レッツゴー温泉前駅ブルートレインと貨車の見える里下吉田駅月江寺駅を経て、まうんと・ふっじー駅(旧称・富士吉田駅)へと至り、大月線は終点となる。

色々と面倒なため、ほぼすべての電車がレイクカワグチまで運用されている。

富士急行河口湖線[編集]

大月線がまうんと・ふっじー駅に着くと、電車は進行方向を変える。そうして発車すると、富士リミテッドハイランド駅に到着する。これは遊園地の目の前に列車が着くわけである。自社グループの遊園地だからとここに駅を作った訳だ。ある意味せこい。

このまま進んでいくとレイクカワグチ駅こと河口湖駅に到着する。

河口湖駅のきっぷ売り場は電車よりバスの方が充実しているが、大概電車窓口の方が忙しい。

都留文科大学前駅新設にあたっての住民の争い[編集]

この駅が新設されるにあたって、まず、ふじマウンテンリミテッドエクスプレスの停車駅を都留市駅からこの駅に変更する計画が出された。しかし、都留市駅付近の住民はもちろん反対した。レイクカワグチはともかく大月に出るのに快適性と速達性が失われることを嫌がった。しかし、これは鶴の一声で決定されそうになった。このため、住民はふじマウンテンリミテッドエクスプレス以外の列車に乗車しなくなった。最大限の抗議のつもりだったのだろう。

だが、富士急行側も次の一手を出した。その際のお知らせ文には、

「都留市駅の普通列車全列車通過のお知らせ」

と書かれた紙が張られ、ふじマウンテンリミテッドエクスプレス以外停車させなくなった。住民はこれに大反発。都留市市長も怒りをあらわにし、反対運動が起こった。また住民の意見を無視した改革として、国土交通省に訴えた。これには国土交通省も重い腰を上げ、改善命令を出した。これにより、普通列車の全通過は2日間で終了した。これによる富士急行側の損失は19億円に上る。

がしかし、根本的な解決にはならず、結局開業と同時に都留文科大学前駅に停車駅変更となった。このため、いまでも富士急行側と対立している。しかし、都留市駅付近の住民も結局のところ利用しているという最大の矛盾が生じているが、もはや気にしていないようだ。だが、駅前には

「特急を返せ。」

というスローガンがある。

まったくわからなくなってきている。

大月駅における「特急に乗りなさい」運動[編集]

富士急行線沿線の住民が東京方面に出かける場合、大月駅でJR中央本線に乗り換えることになる(早朝の直通東京行き・中央特快は除く)。しかしJR東日本の策略により、特急に乗らないで八王子に行こうとする富士急行沿線市民は大月駅で最長禁固30分の刑に処せられる。一方で、特急料金を支払う者に対しては禁固5分と大幅な減刑となる。このJR東日本の巧みな手法によって、多くの人々が特急料金と引き換えに減刑を勝ち取っている。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「富士急行線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)