富士松旅客鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。
このテンプレートは 2018年7月1日 (日) 20:46 (JST) に B-vivace.Y (編集回数) によって貼り付けられました。

鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

富士松旅客鉄道(ふじまつりょきゃくてつどう)とは、名古屋共和国から独立を目指す豊田・刈谷連合によって設立された鉄道。元名古屋鉄道の路線が多い。ここを通る名古屋共和国支持者から多額の金品を取り上げ、独立への資金調達を図っている。 実際はトヨタのおかげで金が有り余っている。なので本当は水野忠邦が刈谷城再建のために設立したともいわれている。 また、今川義元が桶狭間へ攻めるのに利用された鉄道である。しかし、勝負は敗け。この日を境に電車が真っ赤になってしまった。その後、「少しずつ酸素と化合して黒くなってきた」と証言するものも現れた。

概要[編集]

豊田・刈谷連合の刈谷城水野忠邦が設立した鉄道。本拠地は富士松駅。潰れたテナントにあるらしいが定かではない。名古屋共和国支持者による自転車を盗む嫌がらせが多数起きている。 名古屋共和国連邦支持者から多額の金品を取り上げ、独立への資金調達を図っているらしいが、知立駅の立体交差事業などを行い、借金が出来てしまったが、現在は返済していて黒字である。燃えてしまった刈谷城再建の資金作りだと唱える人も多い。現在、社長の水野忠邦は江戸で幕府を改革中で刈谷にはいない。なので於大の方が経営を任されているという話だが、誰も見たことは無い。

路線[編集]

通過電車に乗ると捕まるよ!
  • 富士松本線 富士松駅~知立駅(元名古屋鉄道名古屋本線) ‐ たった3区だが、富士松旅客鉄道にとって最大の収益源。新安城駅までの延長も計画しているが、安城は日本ではなくデンマークなので計画が無くなった。また、名古屋共和国に騙され、知立駅の立体化工事に費用をつぎ込みすぎた。 富士松駅は普通電車しか止まらない。そのため、普通電車以外の電車でここを通過すると、国際指名手配を受け、独立派ではないと、鹿児島に送検される。
  • 刈谷線 知立駅~刈谷駅~碧南駅(元名古屋鉄道三河線) ‐ 一部を除き単線の路線。刈谷駅で乗客の大半が倒壊旅客鉄道に乗り換える。刈谷駅に大きな検問所がある。
  • トヨタ線 知立駅~土橋駅~トヨタ市駅~猿投駅~西中金駅~不明(元名古屋鉄道三河線) - トヨタの工場を突っ走る路線。現在、知立駅~トヨタ市駅まで複線化工事をしている。西中金から先は不明。山の方に突っ走る。たまに、香嵐渓のある足助での目撃情報がある。しかし、線路が無い。
  • 名古屋線 トヨタ市駅~赤池駅~八事駅~鶴舞駅~名古屋城・名古屋共和国駅(元名古屋鉄道豊田線、地下鉄鶴舞線) - 敵名古屋共和国の本拠地を倒すために建設された路線。途中赤池~名古屋方面は、無断で地下に建設した。独立戦争が起こった場合、この路線が重要な役目を果たすことは間違えない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

車両[編集]

主に、名古屋鉄道の車両と見分けがつかない。車両が赤い電車が多い。しかし、名鉄とは違い、ペンキや塗料ではないらしい。桶狭間の戦いで今川軍が負けたのと境に赤くなった。現在、車両の赤い部分をDNA鑑定している。なぜ、電車をDNA鑑定をするのかは定かではない。

7000系[編集]

7000系。なんで真っ赤なんだろうね!
7000系の展望車。ここから戦いの様子を観戦!?
踊りに踊り、とうとう回送になってしまった7700系・・・

通称パノラマカー。前面の展望車で有名。戦乱を観戦するために作られた。実際に、桶狭間の戦いのとき、人気を博した。前面は安全のため、2重ガラスになっている。戦乱中も乗客の死亡者は0だった。しかし、線路に馬が邪魔をして、なかなか進めなかった。そこで活躍したのは、前面に2つあるオイルダンパー。馬を跳ね飛ばしながら進んでいった。間違えて、今川義元を引いていしまったため、車両が赤くなった。

7700系[編集]

7000系の展望車が無いタイプ。昔は、白い帯をまとって踊っていたが、現在は剥奪されて。ほそぼそと暮らしている。


1000系、1200系[編集]

車体が全体的に白い。これは、赤くする材料がなくなってしまったからである。大きな戦乱が起これば、もしかしたら赤くなるかもしれない!?戦乱ではないが、昔、ブラジル人が乗った車を追いかけてぶつけたことがある。そのため、真っ赤になった1380系が登場した。

1380系[編集]

昔は1200系として活躍した。しかし、ブラジル人が乗った車と追いかけっこしていたところ、勢いあまって衝突してしまった。この日を境に真っ赤になった1380系が登場した。

2000系[編集]

車体傾斜システムにより、カーブでの高速化を実現。トレインサーフィンのサーファーからは、高速でのカーブにスリルを感じ、人気である。

N7000系[編集]

7000系の後継者。次世代戦争観戦車として開発された。全体は赤ではなく銀色に変更。しかし、展望車が残る。車内には液晶ディスプレイが搭載され、先頭の風景が見える。いつ赤くなるかは定かではない。しかし、独立戦争が勃発した場合、車体が7000系同様真っ赤になることは間違いない。

エクストリームスポーツへの参加状況[編集]

富士松駅で月・水・金・土・日に開催している。

満員電車[編集]

満員電車!?・・・・・

刈谷・トヨタ杯

刈谷線・トヨタ線の両方とも、沿線人口が多い割りに、編成が最大4両と短いことや、ほとんどが単線のため運行本数に制限があることなどから、人気が高い。しかし、現在、複線化工事を行っているため、近々この大会も無くなるかもしれない。

富士松杯

富士松駅周辺で年に1回お盆休みに行われる大会。浴衣やうちわを持った人が多い。空では、火花が飛び散る爆弾を上げて祝っている(花火っていってはいけないよ!)。この日だけは、警戒のため警備員が配置されている(決して駅員ではありません!)。

トレインサーフィン[編集]

路線が短く、さらに速度が遅いため人気があまり無いが、2000系はカーブを速度を上げて運転するため、全国的に有名である。しかし、尼崎の事故を受け、少し、速度を落としたらしい。

また、トヨタ線でのサーファーが多数行方不明になっている。信濃で発見されたという情報もあるが、詳細はわかっていない。

キセル[編集]

本拠地の富士松駅も無人駅というほど、ほとんどの駅が無人駅である。よく、外国人が無理矢理、無人検問所を突入するが、摘発されたのは、豊臣秀吉ただ1人である。

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。