小千谷縮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小千谷縮」の項目を執筆しています。

小千谷縮(おぢやちぢみ)とは、新潟県小千谷市周辺で生産されている麻織物の総称であると同時に、過去の遺物として消え去ろうとしている日本文化を2つもその名に残している稀有な存在である。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四つ仮名」の項目を執筆しています。

詳細はウィキペディア参照のこと。

一般的に日本語を使用している人々がいつの間にか常識としている不文律の中で、いわゆる四つ仮名として知られているものがある。それは、本来であれば違う発音であるはずの「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の四つの仮名について、それぞれを同じ発音と定義し、さらには文章においても、通常は「じ」と「ず」を使用、ある一定の法則に則らない限りは「ぢ」と「づ」を避けるという約束事である。これについては明治以降に、日本語の教育課程において方言や過去の使用例など、各地域ごとに大きな問題となっていたことから、それらの問題の解決策として1946年に現代かなづかいとして定められたものである。さらに、その後、1986年に現代仮名遣いとして正式に日本語使用方法として内閣から告示された結果、日本語から「ぢ」及び「づ」が急速に消えていくことになる。

なお、この時点でほぼこの記事に関して何が言いたいかの60%は語られている。

なお、この記事はGoogle検索及び日本語版ウィキペディアの検索機能を利用して、これらの普段使わない二文字を複数使用する単語を調べるものである。

関連項目[編集]

ぢ×2[編集]

現代仮名遣いで最も忌避されることになった言葉。それが「ぢ」である。一般的にはを表す際に使用されている「ぢ」であるものの、その存在は古来より使用頻度が少ないことでも知られている。実際、2文字使用している単語を検索すると(「ぢ ぢ」で検索)古語に近い言葉で爺(ぢぢ)、さらには、名称を決める際にあえて「じ」を使用せずに「ぢ」とするもの(例、荒川宏のペンネームであるちきんぢょーぢ)、さらには言葉遊び(さくまあきら氏によるゲーム、桃太郎伝説だだぢぢの術など)以外、ネットで検索できる単語で「ぢ」を2つ使用している例はほとんど存在せず、Googleやウィキペディアでも、ぢを2つ使用する単語は、小千谷縮以外では、小千谷市立小千谷中学校や高校など、小千谷市にある各種施設や長崎県に過去に存在した千々石町(ちぢわまち)にあった千々石町立千々石中学校などがヒットするものの、同じ単語以外で2つの「ぢ」が使用される例はほとんど存在しない。一応、派生語に近い形で小千谷市の道の駅である、道の駅ちぢみの里おぢやなどが存在するものの、一般的な日本語における「ぢ」の使用頻度を思えば、小千谷縮の存在は稀有どころの騒ぎではない。

ただし、ウィキペディアにはウヒヂニ・スヒヂニという日本神話に関する記事も存在している。けれども、元が男女で分かれていた神様について、後代において言葉を1つにしたものであるため、記事名としては妥当なものの、名詞としては微妙な言葉であるため「ぢ」を二文字使用する対象としては割愛する。

おぢや+ちぢみ[編集]

なお、小千谷縮が奇跡の単語となったのはあくまでも偶然である。ようは、小千谷という「ぢ」の使用を認められた日本語の用法、すなわち、古来から一般的名称として周知された存在(鼻血、馬鹿力などの名詞のほか、地名、さらには江戸期以前の和歌などでの使用例)の側で、なぜだか、麻織物を雪にさらして「縮」ませることで、独特な質感をもった織物にするという伝統品があった。その結果、これまた日本語の用法としては妥当な、2つ同じ文字がつづく際に、後ろ側をにごらせるという現代仮名遣いに則った法則が発動。「おぢや」という地名に「ちぢみ」という言葉がくっつくことになり、現代仮名遣いにより絶滅の危機に瀕した「ぢ」が2文字も使用された名詞が誕生する。

ある意味、小千谷縮については1955年に定められた国の重要無形文化財や2009年に定められたユネスコの無形文化遺産の登録よりも、日本語の単語としての存在価値が高い。気がしなくもない。

づ×2[編集]

なお、「づ」については、日本家屋における屋根の形式である切妻作り(きりづまづくり)という有名な単語があるほか、月(つき)や付(つき)、使い(つかい)などの一般的な言葉がにごるケースが多く、「ぢ」よりも「づ」の使用頻度が高い。もっとも、記事名に「づ」を2文字使用する単語は日本語版ウィキペディアにおいても前述の切妻作りのほかは女優の神津はづき(こうづはづき、1962年~)さん、さらには奈良時代の和歌より題名をとった、松本清張の小説「たづたづし」ぐらいしか存在しておらず、逆に「づづ」でウィキペディアを検索すると、文章のケアレスミスがこれでもかこれでもかと出てくる仕組みになっている。

ぢ&づ[編集]

しかし、世の中は恐ろしいもので、こういった使用が難しい言葉を1文字ずつ使用している単語も当然ながら存在。ウィキペディアには明治大正期、伊勢神宮禰宜であった宮地厳夫(みやぢいづを、1847~1918)氏や、長野県長野市にある地附山(ぢづきやま)の記事が存在しており、Google検索でも漢方薬の治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)などがヒットする。

逆に言うと、それぐらいしか存在しない。それぐらい、ある意味、日本語の変遷を後世に伝えてくれる題材である。