小山慶一郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
1番大切なもの一覧
小山慶一郎
KOYAMAKINEI.jpeg
小山 慶一郎(Keiichiro KOYAMA)
基本資料
本名 小山 慶一郎 
通り名 小山,小山さん,慶ちゃん,社交性のおばけ 
生没年 1984年昭和59年)5月1日
身体情報 身長178cm,体重62kg 
職業 アイドル 
好物 NEWS,NEWSメンバー 
嫌物 権力者 
出身地 神奈川県相模原市 
出没場所 日本テレビなど 
所属 NEWS
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小山慶一郎」の項目を執筆しています。

小山 慶一郎(こやま けいいちろう、1984年5月1日 - )とは、櫻井翔に並ぶジャニーズ革新者である。ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・NEWSのメンバーにしてリーダー。メンバーカラーは

基本情報[編集]

近影(今年に入ってからアニメのとある主人公の真似をして銀髪に。)

より詳しいデータ[編集]

2020年3月にリリースされたアルバム STORY に収録されている Perfect Lover という曲の中で以下の情報が明らかになっている.

質問 小山の回答
好きな色は?
自分の性格は? 何でも許しちゃう
座右の銘は? 人生一度きり
好きな女性のタイプは? え~,優しい人がいいな

愛称[編集]

メンバーからは基本的に「小山」「小山さん」と呼ばれるが,手越は時々「慶ちゃん」とも呼ぶ.

  • 慶ちゃん:最もメジャーだと思われる
  • 小山っち:白いと価値が上がるアレではない
  • コヤ:コヤシゲの上の句
  • コヤちゃん:某国民的漫画ではない
  • 小山キャスター:news every.での肩書きであったが、「小山さん」と呼ばれることが殆どであった
  • キャスドル:news every.のキャスタートークで自分で考えて視聴者投票してもらって採用。浸透するはずもない。

他に、彼が自分自身を表現した言葉として「インテリ風なバカ」がある。これにより、「バカにキャスターが務まるか否か」なる問題が提起される。

「インテリ風なバカなんで」
自身 について、小山慶一郎

人物[編集]

性格[編集]

平和主義[編集]

揉め事を始めとするグループ内の内乱を全力で回避している。故に温厚であり、怒ることは滅多にない。

年に数回、NEWS内でダンスなどの演出関係を巡り内乱が起こるが、彼以外の3人は気が強い為、彼が真っ先に折れて場を収めるらしい(加藤談)。いくら彼が平和主義者でも、こういうタイプの揉め事は回避不可能だし、グループとして考えると必要である。年がら年中仲良しグループであるよりも、たまに喧嘩するくらいが丁度良い。

メンバー想い[編集]

手越が何らかのイタズラ(軽いものからタチの悪いものまで様々)をすると怒ることなく「可愛い」と言って許したり、プライベートで手越と遊ぶ時は彼を車で迎えに行ったりする。更に、テゴマスのライブに自腹を切って行ったこともある。自身が最年長であることもあり、最年少の手越をかなり可愛がっている。増田加藤とも当然仲が良い。加藤とは自他共に認める親友であり、前世でも繋がりがあったなどという逸話が存在する。また、近くにいなくても互いの感情の変化を察知することがある。プライベートで加藤と共に行くジムで使用するジャージが、互いに別々に買ったにも拘らず同じ柄であるなど、感情以外の要素をも察知する。

同じくプライベートで、手越にパワーを吸い取られるという理由で、定期的に加藤と共にパワースポットを巡りパワーを補給している。

メンバーの意見につき「否定する」という選択肢はなく、ライブ関係ではメンバーが提案した多くのアイディアを(可能か不可能かは抜きにして)漏れなく全て実現させようとする。

主に手越祐也のことを溺愛しておりすべての表現において好まれている:

  • 裸で抱きつかれたときに全然気にしない。
  • くりくりの目が可愛い。
  • ピョンっと立った寝癖が可愛い。

といったように手越のことを裸で付き合うほど愛している。

裸キャラ(ジムについて)[編集]

NEWS結成当初ムキムキキャラと言えば増田貴久が当たり前であったのだが人数が減ったことに負けず劣らずに急激にジム通いしていますアピールをしてきているのが現状である。

2010年頃から山下智久同メンバーであるやananの表紙を飾れるような…になりたいと駄々をこねて言っていたものの、上層部から止められたことによって鍛え始めたらしい。

またこの裸キャラはバラエティーでも見られている(そういった風に仕向けていると思われている模様).彼のソロでも少し見せるような素振りを見せては腐女子になんとか言わしている模様であるらしい。ちなみにラブホテル街を自転車でカップルを想像しながら松本人志と同じジムに通っているという。(※その後はお任せいたします。)

アニメ好き[編集]

自身のラジオで「ラブライブ」の矢澤にこが好きやらブームになっていると思われる「東京喰種」の主人公であるカネキの髪型を真似したことにより2019年の新年度から驚かされた。(ちなみに近影の時の写真である。)

きっかけは2017年の旅館貸し切り事件と2018年のアルコールハラスメント事件を自ら起こしたと思われるスキャンダルによってストレスによって病んでいたと思われる時期にアニメを見たことからハマっていったものだと思われる。

どうやらμ'sが自分達と重なったことによってその場で号泣をしてしまったと本人は語るほど復帰に向けたと言っても過言ではないだろう。

自撮り[編集]

会員じゃないと見れないブログにて上層部から取り残されていることを改めて悲観し、写真投稿も可能となった。その投稿されるのが彼の自撮り写真である。またその写真が見た目が見違えるほどの趣味に「女子に見える」などといった反響を受けている一方で本人は“映る角度を知っている”'ゆえで撮っているらしい。もちろん自撮り棒もしっかり所有している.

純真[編集]

何でも信じる。誰がどう考えても嘘だと分かることさえ、彼は信じてしまうのである。基本的に、彼は「嘘の内容が現実的にあり得るかどうか」はほとんど吟味しない。

メンバーに騙されることも多い。NEWS 6人時代,エイプリルフールに「山下が脱退する」旨の嘘メールを加藤から送られ、「山Pが居ないと無理だよ」などと右往左往した話は有名である。また数年後に事実になるのはまだその先の話となる。

「アホやからな」
「(自分は)何でも信じてしまう」と言った小山 について、浜田雅功

チャラ男[編集]

手越祐也に負けず劣らずJr.の頃からキャスター期を封印してはチャラかった。また今のようなチャラ男の域を越えてかなりの尖りようが伺えるのがわかると思われる。エピソードは少ないが手越とはいい勝負になるぐらいチャラい(主にグラサン掛けながらとタメ語で話しているのは想像通りであると思われる).

だが2010年頃にキャスターになって以降第2の櫻井翔を目指そうとしていたものの自らハラスメントを起こしたことにより、某週刊誌に撮られてしまったのだった。(キャスター二人が同じような前世が元チャラ男であるが最近になっては年齢も若くないためイイ子ちゃんぶってると思われていても仕方がない。)

また周りからは「パーリーピーポーには引いた」「三十路にしてダサすぎる。」という声を多く噴出し愛する藤井アナからも裏切られアナウンサーの道が絶えることになった。

それからのことアナウンサーの道を閉ざしてからはさらに上の記事を見てもらえるように髪を染めたことによって完全にチャラ男扱いとなった,もしくは彼自体が手越化してしまったのが現状である。

チャラさが垣間見えるのは,NEWS の曲である「恋のABO」の最初の彼の一言である:

「YOU 達,何型?」
血液型 について、小山慶一郎

キャスターとしての活動[編集]

ある時はサンタクロース、またある時はニュースキャスター

明治大学卒のキャリアを生かし、報道番組news every.でキャスターを務めていた。現在では降板したのでキャスターは務めていないが,NEWS ZERO櫻井と並び、若者の報道離れの抑制に一役買っていた。

くもジロー(every.に出て来るキャラクター)が好きらしく、理由はイタズラ好きな所が可愛いというものである。したがって全く同じ性質を持つ手越が好きであることが、仮言三段論法から分かる。

ザ! 鉄腕! DASH!!に企画「0円食堂」でゲスト出演した際は、報道番組のインタビューにしか見えない為か、全身ジャージ姿であるにもかかわらず捨てる食材の有無を尋ねる場面にevery.のBGMが挿入された。

素直過ぎるコメント[編集]

割と系統が近い相葉雅紀にまで指摘される
実例

小山(キャスター形態)が取材に行くと、見たままの「素直な」発言を多くすることが指摘されている。この「素直過ぎるコメント」は、その多くが形容詞擬音である。何を見ても形容詞か擬音である。何を触っても形容詞か擬音である。何を食べても形容詞か擬音である。これはevery.でレポーターを務める渡辺裕太にもどういう訳だか継承されており、イチゴを食べて「甘い!」と言う渡辺に対しスタジオの小山が「でしょ!」と返す有様であった。また全ての反応が全部○○い!といった風に小1女子並みになる。

天然[編集]

超が付く天然であり、言動・行動問わず様々なボケをかます。彼の天然にツッコむ加藤であることが多い。加藤から「ド天然な所」を改善するよう要請を受けているが、恐らく直らないであろうことは小山を含めメンバー全員が既に悟っていると思われる。

彼の天然発言は、言い間違いや、直前の発言と矛盾した内容を話すなどで大部分が占められ,天然行動は、他者が見れば奇妙極まりない場合でも、本人は至って普通であることが多い。

基本的に、いつ天然が発動するかは予測不能だが、車に乗っている時だけは例外で、自身や同乗者が体調不良になるとほぼ確実にカーナビに助けを求めるので比較的予測しやすい。

母校・明治大学では模範卒業生に選ばれたのだから頭は良いはずなのだが、この「天然」という面が強過ぎる為、頭の良さが殆ど表に出ない。事実クイズ番組などでは天然が勝り素頓狂な解答をすることが多い。現在確認されている中で最も素頓狂な解答は「ウォーターくまちゃん」である。ホッキョクグマを指しているらしいが、意味よりもこれをどういうつもりで言葉として発したかが謎である。

NEWSのリーダー[編集]

山下及び錦戸がNEWSを脱退し4人体制となった折、メンバー4人で焼肉屋に赴き、今後の活動を議題とする会議が行われた。その途中、小山が「リーダーをやりたい」旨を他メンバーに述べたのである。3人は、自分から「リーダーをやりたい」と言って来た彼に対して少々戸惑った為、変な空気が漂い出してしまった。変な空気を察知した神経質な増田は、卓上に並べられた食べ物を指して「こういうものを奢ってくれるなら良い」と返してしまい、以後小山は食べ物を奢ることを代償にリーダーを務めることになる。

なお、食事代支払いの義務が彼に集中した瞬間、他メンバーは高額なものを次々と頼み出しており、この日の彼は経済的に相当な打撃を受けたと予想される。さらには領収書を小山の名前で取るなどという行為も確認されている。手越からは遂に面と向かって「every.出てるんだから毎日(every day)奢りなさいよ!」などと要求されたが、「そのeveryじゃないから!」と返すことにより免れた。しかしよく考えれば、「奢ってくれ」という要求への反論にはなっていない。

だが奢り役が小山から増田になっているらしく、手越から「リーダー移るぜ」と警告されている。

冒頭で述べたように,小山は加藤,増田,手越につき「僕以外の3人が楽しく仕事してくれるのが1番幸せ」と言っており,リーダーとして必要な「1歩引いてメンバーを見つめる」客観性が備わっていることが分かる。また,当初は食事を奢る役目という位置付けだったが,今はメンバーも小山のリーダー性を評価しており,例えば増田は「常に3人の為に現場にいるんじゃないかってくらい,リーダーは小山で合ってたな,って思う」と述べている。

トーク番組などにNEWSが出演し「NEWSは〜」と振られた場合、普通に考えるとこの振りにはリーダーである彼が返すのが妥当であるが、殆どは手越が食い気味に返しており、今まさに喋ろうとしたリーダーの立場がなくなるという事態に陥ることがよくある。

トーキョーライブがレギュラー化する以前の特番では、「リーダーとはメンバーの引き立て役」という持論を展開している。なお、同番組でリーダーとしてメンバーに招集を掛けたが、手越は仕事中であり、増田は朝の生番組出演の為既に寝ていると判断され、結局来たのは加藤のみであった。小山は招集の際「帰りのタクシー代及びギャラを払うから」と後々面倒なことになりそうな交換条件を持ち掛けている。

これからのNEWSについて、「4人でスキップしてというか、1歩1歩歩んで行く」と述べたが、加藤から「どっち!?」とツッコまれた。

「リーダーとは、希望を配る人のこと」
リーダー について、ナポレオン・ボナパルト

女子力[編集]

表題から想像がつくと思うが、小山は女子力が高いといわれる。何かを食べた時のリアクションや泣き方が、女子のそれに近いというのが根拠である。また甘いものが好きだということも彼の女子力を上げる1つの要因となっている。ファミリーマートで販売されているエクレアが大好きだということはファンの間で有名である。

雑誌等での撮影においても高い女子力を最大限発揮し、その結果、全国のファンは「(女子力で)小山に負けた」と感じる[要出典]

彼の女子力は上に有界ではないことが知られている。

ネコ好き[編集]

ネコが非常に好きなことで知られる。好きすぎてネコを飼っており、愛猫の名前は「ニャン太」。ニャン太への愛情は深く、彼(多分オスなので)を主題にしたソロ曲を作詞している(ただしその歌詞に依るとニャン太は亡くなってしまったと思われる)。ちなみにソロ曲はその名も「ニャン太」である。2017年発売のアルバム NEVERLANDに収録されているので興味がある者は聴くがよい。

テレビ東京で放送していた「イチゲンさん」という番組は、彼の担当の回は高確率でネコの企画が割り振られるという天国のような環境であった。ネコについて嬉々として語る姿がそれを物語っている。しかしビリビリグッズによって感電させられることがあるのでその点は地獄と言えよう。「人生はいいことだけ続くわけではない」という教訓を提示しているのかもしれない。 「イチゲンさん」終了からおおよそ1年後、その事が基づいたことによって人間関係による不運が降り注いだ結果となってしまった。

スキャンダル[編集]

2017年には女性関係に関する噂が流れた。酔っぱらってパーリーピーポーと化した男の音源が流出したり、交際相手と思われる某アイドルはインスタグラムにそれを匂わす写真を投稿するなど、どれもこれも彼だという確証はないが微妙に疑わしい要素が次々広まっている。ニュースキャスターを務めているのでこの辺は早急にハッキリさせることが求められよう。これは放置すると非常に厄介であるが彼も事務所も特に手段を講じていない。彼はともかく事務所には対処できるまともな人材がいない可能性がある。

スキャンダルを頻発させる手越はあまり批判されないが、今回のように小山が同じことをすると批判されている。これは2人の対応の違いによるものと考えられる。手越は割と堂々として否定するのに対して、小山は特に否定も肯定もしないのでここが低評価の理由なのかもしれない。

なお音源を流出されるなどの行為はプライバシーや個人情報的に合法なのかどうか微妙だが、もし違法ならあの事務所が 自分たちの極悪非道さを棚に上げて 訴訟してくるはずなので多分合法である。

また、未成年に飲酒を強要(=アルコールハラスメント)をしていたことが判明している。これにより、3週間ぐらい封印される。

トリビア[編集]

  • 日テレの社食の常連。おかげで社員に間違われる始末である。
  • 手話ができる。某似非チャリティー番組では息をするように手話を使いこなす。
  • 新聞と赤ペンを常に持ち歩く。
  • ピアスをしていたらアイドルとして,していなかったらキャスターとして出演している。
  • お気に入りのエクレアを取り扱うファミリーマートを神として崇めている。

ソロ曲一覧[編集]

括弧内は収録アルバムまたはシングルを表す.

  • Love Addiction (NEWS BEST)
  • Private Hearts (同上)
  • Uri Sarang (同上)
  • Starry (チャンカパーナ)
  • Beautiful Rain (NEWS)
  • ロメオ 2015 (White)
  • 愛のエレジー (QUARTETTO)
  • ニャン太 (NEVERLAND)
  • 銀座ラプソディ (EPCOTIA)
  • Going that way (WORLDISTA)
  • STAY ALIVE (STORY)

出演[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]


Hito.png この項目「小山慶一郎」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)