小林靖子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小林靖子」の項目を執筆しています。

小林靖子(こばやし やすこ1965年4月7日 -)とは日本の女性革命家である。主に特撮作品の脚本を書くことが多い。特ヲタ系腐女子のカリスマとしても有名。通称「靖子にゃん」。日本の特撮・アニメ脚本家業界におけるデヴィ夫人、叶姉妹のような存在であり、彼女に苦言を呈した者は業界から干され、抹殺されるともささやかれる。

経歴[編集]

特撮との出会い[編集]

高校の頃になぜか厨二病シナリオを学ぶために通信講座を受講。そして偶然某レスキューポリスを見て特撮に興味を持つ。そして図々しくもレスキューが題材にも関わらず、なぜか神と悪魔の戦いに介入していった魂の兄弟たちのプロットを書いて番組のご意見・ご感想に投稿するといった暴挙に出る。
普通なら華麗にスルーされるところであるが、当時のお偉いさんの目に留まり、台本が送付されたことで本格的にシナリオ作成を学ぶようになる。
その翌年作品で晴れやかなデビューを飾ることとなった。
さらに、元東映のジャイアン後の俺イックパワーの使い手を誑かした結果、ブラコン戦隊で初のメインライターの座を射止める事に成功した。

ブラック靖子[編集]

続いて、幼女が大好きなピザの目を欺きながら書いた未来戦隊タイムレンジャーで本来のメイン視聴者である子供を置いてきぼりにした難解な作風が大人視聴者に受け、大量の腐女子層の熱狂的な支持を獲得、誰も頼みもせんのに、特撮の視聴者層の拡大に貢献する。正直、余計なお世話です。
また、インテリヤクザの愛人の座を射止めて執筆した仮面ライダー龍騎では最終回直前に主人公をムッコロスなど、この上ない鬱展開を書くことも多かったが、これがまた通人ぶりたいニワカな大人のファンに受け、平成ライダーの黎明期に貢献している・・・かもしれんが、文化大革命江青女史江のような運命を辿らんことを祈るばかりである。
小林本人曰く、いっつも鉄格子に目玉が張り付いたような頭だったり、桃尻がまっぷたつに割れたような顔だったり変なライダーばかりやらされてるのでたまには普通の顔をしたヒーローが書きたいと愚痴っているがそんな日は多分こない。来てたまるか。どうせなら、太田愛共々、これ以上、落ちていくとこのない某八幡山の会社の宇宙人さんシリーズのホンか、相棒のホンでも書いて、願わくば、主演俳優の逆鱗に触れるような事態になればドラマチックなのだが。

腐女子のカリスマへ[編集]

そんなブラックな作風に定評のある靖子であったが、ある転機が訪れた。仮面ライダー電王である。これまでの平成ライダーに無いような明るい作風。イケメン人気声優の大量起用。カブトまでの暗黒期から平成ライダーシリーズを脱出させた功績を上げた。この作風、ライダーの頭数の少なさは、後にWからウィザードに続く平成ライダー二期前半のスタイルを作っていくことになる。
しかし本来の平成ライダーシリーズと作風の差がありすぎるため、現在でも賛否両論である。子供だけでなく特撮ファンまで置いてきぼりになる結果となった。

そして彼女は神となる[編集]

結果、後に残されていたのは、意見の相違を認めない、靖子をサタンエゴスの如く崇める「信者」と呼ばれる腐女子を中心とした靖子厨の大群であった。彼らは「タイム」や「シンケン」の良さを認めさせる為、初期の創価学会か、はたまた紅衛兵か、連合赤軍の如く、日々活動している。信者拡大の折伏、敵組織に潜入しての破壊活動、異端者や非信者の吊るし上げなど、彼らの活動は日夜止むこと無く続いている。
宗教というものは概して排他的性格を有するものではあるが、靖子本人がそれを迷惑と思っているか、はたまた「私はロリコンのホンばかり書いてた荒川稔久なんかよりもずっと早く、ギンガマンで戦隊メインを任された程の才女、いわば東映特撮界の内館牧子、橋田壽賀子なのよ。信者ぐらいいて当然よ。文句があるなら武部のところにいらっしゃい」と思っているかは誰も知らない。そして怖くて誰も聞けない。・・・聞こうという気にすらならない。

神の現在[編集]

スーパー戦隊や仮面ライダーのほか、アニメにも着実に手を伸ばし始め今やサブカルメディアの神へと進化を遂げている最中である。しかし、それと同時に敵も作りすぎてしまったため、恨まれっぷりは某戦騎を超えるとか超えないとか。
信者の宿敵であるヤクザが表舞台に出てきてないことから「あいつは追放されたんだ!」と信者は大喜び。これに対してアンチが怒り心頭の激オコ状態になり、戦争が始まったのは記憶に新しい。
そんな中、2014年に顔面線路という斬新すぎるデザインで話題を掻っ攫った烈車戦隊トッキュウジャーが登場。あまりの奇抜さに「あ、戦隊オワタ」と嘆く特撮界だったが脚本が神だと判明すると途端に手のひらを返し始めた。誰が返したって?お、教えてやらないんだからねっ!

神の復活[編集]

平成ライダーではオーズ以降、声のかからなかった神に信者は「あーもうダメだわー、神がライダー書かないからダメだわー」と脳内制作現場の批判を繰り返し、パワーレンジャー化しなかったゴーバス・トッキュウのこともあり一時期の特撮界は割と平和であった。
しかし、2016年、白倉が「アマゾンでアマゾンズ」と一発ギャグを狙ったかどうかは定かではないが規制の緩いネットで切断・食人は当たり前の「仮面ライダーアマゾンズ」で神を再び仮面ライダーの舞台へと引き上げた。
これに伴い信者が五体投地を繰り返したことは割と有名である。

作風[編集]

キャラ殺し[編集]

主に初期の作風未来戦隊タイムレンジャーの滝沢直人や仮面ライダー龍騎の城戸真司など重要な登場人物がなんの躊躇いもなく殺されることが多い。 ちなみに、滝沢は中の人が死ぬことを望んだため結果的に死ぬことになったらしく、当初は何が何でも死なせたくなかったとか。

死ぬ死ぬ詐欺[編集]

初メインライターを飾った星獣戦隊ギンガマンのヒュウガに始まり、侍戦隊シンケンジャーの腑破十臓など、何度も死亡フラグ、消滅フラグを経験した登場人物が消える度にしばらくすると意味もなくあっさり戻ってくることが多い。

やおい[編集]

男性キャラ同士の熱い友情の描写が、妙にBLを意識したように感じられることが多い。見る側の目に腐ったフィルターがかかっている為でもあるが。また下記のように女性キャラがアレなので、余計に男同士の熱い絆が強調されている部分も。 

主人公マンセー[編集]

近年の作風において、主人公が常に周囲の人物から高評価を得ていることに起因する。なおそれらの主人公は「不運街道まっしぐら?シスコンブリザードアイ」「ニャンこが友達。根暗ツンデレ偽殿様」「パンツ大好き!天然ドヤ顔トラベラー」など、現実では避けられるような人格であることが多く、首を傾げるファンも多い。

また主人公自身が悲劇的な過去を暴露し、俺カワイソスオーラを纏って同情を得ようとすることも近年多い傾向にある。

女性キャラの傾向[編集]

女性ファンのハートをガッチリ掴む靖子にゃんではあるが、さすが腐女子のカリスマ、女性キャラに対しては同性嫌悪がストレートに反映されるようで。故に魅力的な女性キャラを生み出したことは誰の記憶にもほぼ無い。

逆に目立った場合はファンからの(生)温かい声援が送られる。

ヒス持ち[編集]

女性キャラが短気である。または怒りっぽい。 実写版の某セーラー戦士でも同様の傾向が見られる。

空気[編集]

女性キャラが目立たない。またはいてもいなくても話が成立する場合が多い。 実写版の某セーラー戦士でも同様の傾向が(ry

電波[編集]

女性キャラの言動がおかしい。または変わり者キャラをアピールしている。 実写版の某セーラー戦士でも(ry

小林ブラックホール[編集]

仮面ライダーオーズ最終回において、残った謎を全てブラックホールに吸い込んで処理するという荒業を見せた。手抜きではなく、誰もが思いつくが最初にやる勇気がなかっただけで、これはいわば、コロンブスの卵なのである。本来なら某セーラー戦士実写版の最終回同様に何もかも有耶無耶に、なかったことにしたかったのかもしれないが、さすがに彼女もそこそこ年季を重ねたベテランシナリオライター、今回も同様の展開で終わらせるのはプロとしての矜持が許さなかったのだろう。とにかく始末をつけなければ・・・と当然、深い思惑に基づいてやらかしたに決まっている。・・・お願い、そうだと言って。特命戦隊ゴーバスターズでは亜種の「小林亜空間」が登場。効果は……お察し下さい。え、何?ブラックホールで謎を無かったことにするのはウルトラマンダイナが先?知るか

小林タイムスリップ[編集]

上記のブラックホールによって主人公が変身できなくなったためか、未来戦隊タイムレンジャー仮面ライダー電王にとどまらず、仮面ライダーオーズの最終回後の映画でまでタイムスリップネタを使った。なぜかブラックホールは未来とつながっていた、らしい。新型メダルはオーズパートでは渡されなかったためMOVIE大戦パートで40年後のライダーがメダルの宅配便をすることに。え、何?米村が春の共演映画でタイムスリップさせてるし本人も夏映画でもやった?知るか

小林靖子のどんでん返し[編集]

スーパー戦隊シリーズにおいて、終盤で必ず起こりうるパターン。侍戦隊シンケンジャーで、第一幕からずっと志葉家当主と名乗り続けてきた志葉丈瑠が実は影武者だった件、特命戦隊ゴーバスターズで、メサイアカードの1つが実は桜田ヒロムの体内に仕込まれてエンターのバックアップになっていた件、烈車戦隊トッキュウジャーで、ライトが実はゼットの闇と共鳴して大人になった特別な存在だった件といった、「君は僕、僕は君、いつも一緒だよ」という展開など、「ドヤ顔」の伏線返しのつもりが、絵面としては地味な為、一々、セリフで説明してやらねば本来の視聴者である幼児、学童層には何が起きているのか解らず、予想の斜め上を往く予定が斜め下へ逝ってしまって盛り上がらない。後々、ゴーカイジャーで散々ネタにされた未来戦隊タイムレンジャーでのドモンのヤリ逃げ騒動も同様だが、戦隊メイン初担当作品の星獣戦隊ギンガマンでも最終回におけるゼイハブ船長の弱点や黒騎士ヒュウガのナイトアックスの特訓の件など、期待を持たせた末に「え?それだけで終わり?」という展開を見せており、どんでん返しがどんでん返しとして作用せず、単なる行きあたりばったりにしか見えない傾向が既にこの当時から現れている。子供を置き去りにした作風といわれる所以である。

小林靖子のダブルレッド[編集]

未来戦隊タイムレンジャーのタイムレッドとタイムファイヤー、侍戦隊シンケンジャーのシンケンレッド殿と姫、特命戦隊ゴーバスターズのレッドバスターとダークレッドバスター…と、主人公キャラのリデコをたくさん作りたがる。仮面ライダーでは龍騎とリュウガ、電王とネガ電王、オーズとオーズ(パープルアイ)がいた。 さすがにクドくなったのか、あるいは上が禁止令を出したのかは不明だがトッキュウジャーではダブルレッドどころか偽者すら出ず、1号が黒くなっただけに終わった……と油断していたら宿敵でサブライターとして参加していた會川昇がVシネマ「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」で過去の自分と未来の自分でダブルレッドをぶち込んできた。「小林タイムスリップ」と「小林ダブルレッド」を組み合わせた風雲拳みたいな技である。

関連項目[編集]

この項目「小林靖子」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)