小江戸

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

小江戸(こえど)とは、江戸の模型を作っている都市のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小江戸」の項目を執筆しています。

概要[編集]

平安時代から続いた都京都は様々な街からすれば憧れの的となっていた。そのため京都のようなぼろっちい古風な街並みをわざわざ作ったりこじつける小京都というものが室町時代より流行っていた。しかし、江戸時代明治時代になり日本の中心が京都から江戸へと移ると今度はその周辺にある宿場町は見世物として江戸の街を模型で再現することにした。小京都の名前にあやかって小江戸という名前で作られた模型群は、その後現代になってなぜか文化財に指定されている。

再現[編集]

模型の中で最も簡単な再現方法は蔵造りの家の街並みを作ることである。瓦と漆塗りだけが中心となった真っ黒だったりツートンな蔵を濫立させることでより江戸らしいと評価される。また街を一本入ると菓子屋が並んでいたり川に古風な木の舟を浮かんでいるとより雰囲気性を作ることができる。中心となっているのは寺院や城であり、それらに江戸らしいものがあるとさらに再現度が増すと考えられている。また街全てを江戸の模型にするわけではなく、ところどころに模型を置くことで面影を残しているという印象を与えることもできる。

模型のある都市[編集]

埼玉県にある大きめの街。昔から江戸と船運によって交流があったため、船に江戸の模型を輸出することで商いを成立させた。年に一度には模型群の中で江戸の天下祭を再現し、江戸からの観光客を集めている。ただし最近では模型の周りに高層ビルが建てられたことで景観が悪くなったり、江戸の天下祭の再現時に模型群の外まで出ているなど、模型が街に一体化しているところも見られる。
栃木県の県庁所在地になれなかった街。江戸将軍が日光東照宮に行幸する際、帰りにはいつも疲れて籠の中で寝ていた。そこで日光街道の途中である栃木に江戸を再現した模型群を建てることで将軍に壮大なドッキリを起こそうと老中たちが画策した。ドッキリは将軍がずっと寝てしまっていたことで失敗してしまったが、結果江戸の模型群がここにも形成された。室町時代には大名の気まぐれによって小京都も名乗っていたが、この計画を期に小江戸を名乗るようになった。こちらも江戸の天下祭を再現したものが2年に1度行われている。
千葉県の街。利根川水運によって栄えた町であったため、江戸に近くなってきたという水夫への標識として江戸にある建物の模型を建ててみた結果、ここにも模型群が形成されていった。ただの標識であったはずなのに再現した街として関東地方の文化財として他の街に先駆けて登録された。前者二つの街よりかは穏やかではあるが、ここもやはり天下祭を再現した祭りが行われている。

他、大多喜町厚木市磐田市彦根市も小江戸を主張しているが、これといって目立った特徴はない。

関連項目[編集]