小泉毅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「元厚生事務次官宅連続襲撃事件」の項目を執筆しています。
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。

小泉毅(こいずみたけし、昭和37(1962)年1月生 - )とは、日本の愛犬家である。

人物[編集]

幼少時から両親の情を一身に受けつつも非常に温厚で礼儀正しく育てられ、捨てられた子犬を見ると放っておけない性格だったと言われている。スポーツ万能で成績も優秀、友人関係もいたって良好、そして幾度か甘酸っぱい恋を味わっていた。また、強い正義感の持ち主で社会奉仕活動にも熱心で、街の人気者であったという証言がご近所のA・Aさん(仮名・47歳)も証言しているから、間違いない筈である。

さらば、チロ[編集]

変わり果てた姿に。

そんな八方美人な彼の事であったから、プライドナルシズムが邪魔をして悩みや愚痴を周囲に打ち明けることが出来ず、唯一心を許すことが出来るのは、愛犬のチロだけであった。そんなチロが保健所の手違いから殺処分されてしまった時、彼の人生は暗転した。悪のサタンによって殺されたチロの仇討ちを果たすため、固く心を閉ざして今までどおりの自分を演じ続けながら、虎視眈々とその機会を窺い続けたのであった。そして彼は、悪のサタンが当時、厚生事務次官に転生していたことを肌で知っていたと述懐している。

討ち入り[編集]

それから三十数年が経ったある日、郵便配達員を装って周辺地理や家の間取りまですっかり調べ上げた小泉は、厚生事務次官宅を襲撃、みごとにっくき悪のサタン一族を打ち滅ぼしたのであった。ちなみに、言うまでもないが厚生事務次官は何度も代替わりしている上、そもそも保健所の管轄は厚生労働省ではなかったのであるが「そんな事は誰も気にしない筈であるし、そもそも悪のサタンは代々厚生事務次官に生まれ変わるものと決まっている」と断言、後日法廷で有名な演説をぶつことになる。

保健所が我が物顔でそこらへんの野良犬を殺戮するようになる時、住民どもが平気で飢えた動物を見捨てようとするとき、サディズムが家庭の中まで浸透するようになるだろう、そして自分のペットだけのようなブリーダーが現れ、それを容認する公務員どもが現れてくる、その時こそ民主主義の崩壊であり、悪のサタンに一撃が加わる時だ!
チロの死 について、小泉毅

主張[編集]

  • 無駄な殺生はするな!無駄な殺生をすれば、それは自分に返ってくると思え!
  • 今回の決起は年金テロではなく、34年前、保健所に家族を殺された仇討ちである!
  • 私は左利きである。これ重要。
  • 最初から逃げる気は無く、私は正義を主張するために自首したのであるから、情状酌量で無罪にするべきである。
  • 何度も言うが、世界で一番賢く可愛いのはうちのチロである。

関連項目[編集]