小田急60000形電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小田急60000形電車」の項目を執筆しています。
MSE様ご尊影

小田急60000形電車とは、MSE(Majide Sugoi Express:マジで すごい エクスプレス)の二つ名をお持ちでいらっしゃる高貴なロマンスカーあるいは女性である。 そのあまりの高貴さに日本中はおろか全米が涙し、見事2009年ブルーリボン賞に輝いたのである。 カラーリングについては、美術館から強奪したフェルメールの絵画から抽出した絵の具を使用している。 EXEの子分で地下鉄乗り入れ用である。だからといって、けしてMetro Super Express(東京メトロにくれてやる超特急)の略ではないぞ。

地下鉄乗り入れ仕様[編集]

この車両は地下鉄乗り入れに合わせた縮小限界とフリーゲージを採用しており、また複電圧・交直流車となっており、事実上ほぼ全ての普通鉄道路線に乗り入れが可能とされる。手始めに、隣りのケイオー線八王子方面への乗り入れを行い、同線初の特急車となる予定である。将来的には、ナローゲージの近鉄八王子線に乗り入れ、関西地方への運行も予定されている。 地下鉄に始めて入線するロマンスカーなので、小田急社員が「マジですごい」「マジですごい」と言うので「マジですごいエクスプレス」という名になった。

JR倒壊乗り入れ仕様[編集]

この車両には、JR倒壊区間への乗り入れに備え、JR倒壊が導入予定の新型ATS「ATS-PT」を装備している。しかし、この事実を決してウィキペディアで公表してはならない。どうやら頭の固いウィキペディアンにとって、hydeの身長は156cm並に隠匿すべき事柄らしい。 将来的にはしR束日本がムーンライトながらを拒絶した場合に備え、沼津から東海道線を延々と走り、大垣駅まで乗り入れる予定である。

名称についての疑惑[編集]

MSEという名称が公開されるまで、一部の鉄道雑誌およびパソコン雑誌ではMSXXbox 360などの名称になるとの憶測が広がった。 ケイオーカンパニー、オバ急電鉄ともに公式には否定しているが、開発には笹塚の某社が関与しているといわれる。初公開の際に、運転台の操作パネルが真っ青になり担当者が真っ青になる、ついでに車体も真っ青であった一幕があり、その後も「エラーログを生成しています」「不正な処理を行いました」などの文字が確認され、ファンが撮影した画像が鉄道趣味系掲示板で公開された。以前のVSEは、開発当初VXDと呼ばれており、以前のEXE、今回のMSE、またあさぎり型以来久々の登場となる気動車特急にもDDEという名前が検討されるなど、近年の特急車にはことごとく某社の用語が使用されており憶測を呼んでいる。もっとも、初代ロマンスカーもSSEと呼ばれており(SSE車が登場したのは、インテル社がマイクロプロセッサを製造する20年以上前である)、EXEも、英語に詳しい関係者が止めなければSEXと命名されるところであったとされ、単なる偶然とする向きもある。ロマンスカーでのカーSEXは、その後、とある車掌により実行され一般保護違反県青少年保護育成条例違反で逮捕された。

将来の展望[編集]

次期特急車はHiSE以来久々の全車二階建てになるという憶測が広がっている。鉄道車両には、交通バリアフリー法により、一定数のはたらくくるまを通行可能にする義務があり、そのため改造困難なHiSEは多くが廃車や譲渡に追い込まれたが、革命的な技術により全車二階建てを可能にするという。次世代特急車はOdakyu Vistaと呼ばれ、EXEの後継となるOdakyu Vista Business、家族旅行に特化しLSE等の後継となるOdakyu Vista Home、その豪華版であるOdakyu Vista Home Premiumやんごとない方の御乗車にも対応し強力なセキュリティ対策がとられた最高級車のOdakyu Vista Ultimateが登場するという。しかし、予想外に重いことから軌道強化が必要など開発は順調に遅れている模様である。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「小田急60000形電車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)