尖頭器

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

尖頭器(せんとうき)とは、先端を鋭く尖らせた打製石器である。

概要[編集]

尖頭器

石器時代地層から発掘される。木製の棒の先端に付けてとして使用された。先端を鋭く尖らせることで殺傷能力を上げている。

オーパーツとして[編集]

尖頭器の形状は、現代において軍事目的に利用される航空機と酷似している。そのため、一般にはオーパーツとして扱われている。同様なオーパーツとしては黄金スペースシャトルが存在する。この時代にそぐわない形状について、宇宙人や未来人が古代人に伝えた物ではないかとする研究者もいる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「尖頭器」の項目を執筆しています。